最近、Youtube広告をはじめ、あらゆる媒体でその名前を見ることが多くなった「オディブル(Audible)」。

audibleをグーグルで検索してみると、以下のな結果が。

 

  • audible改悪?
  • 悲報?朗報?
  • 改悪劇の始まりだ!

 

ネット記事では、今回の変更は改悪だ!と言う結論付ける声が多いのが印象的です。しかし、本当なのでしょうか?

私自身の5ヶ月の体験談を踏まえ、audibleの改悪点を解き明かしたいと思います。

この記事の結論
  • audibleは使う人によって感じ方が様々
  • 言われている程改悪・デメリットは無い。
  • 小説が好きな人に超おすすめ!
  • 英語学習にも最適。

 

audibleが向いていない人は

  • 聴き放題を希望する人
  • 図解が多い本を読みたい人

audibleの改悪点

Audible(audible)のデメリット

 

まず、ツイッターでネットのリアルなユーザーの声を集めました。

audible改悪点をツイッターで検索

デメリットも含まれていますね。改悪点をまとめると、以下2点になります。

値段が高い!

本少なすぎ!

audibleの2つの改悪点

月額1,500円+αの料金

声優やナレーターに支払う料金

audible会員は月額1,500円で好きな本を1冊コインと交換でき、2冊目からは30%オフで購入できます。ですが、この1,500円が高いと感じる方も多いはず。

1,500円であれば、2冊以上の本が買えますよね。

audibleの最大の特徴はアマゾンが提供する20万冊以上の図書を声優やプロのナレーターの声で楽しめる点です。

 

ですので、「本を声で聴ける」ことに価値を感じなければ、利用しても意味はないでしょう。

アマゾンはaudibleを行うために、プロの声優やナレーターに朗読量を支払っています。

月額1,500円+αの料金

たとえば、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイや「らんま1/2」の女らんまや、「ポケットモンスター」のムサシの声優、林原めぐみさんの推定年収は全盛期の頃で7,000万円だと言われています。

 

ハリーポッターでナレーターを務める風間さんも12時間以上の朗読のための準備、リハーサルを考えると長時間拘束されてることが容易に想像できます。

 

1冊ごとにその本のイメージに合ったプロの声優や俳優、ナレーターに料金を支払う必要があるため、月額1,500円になるのは仕方がないですね。

 

風間さんのメイキングムービーはこちら。

さらに良質な本を提供するため

聴き放題制度→購入制度に変更されたことで、audibleは「会員がお金を払ってでも聴きたい本」の傾向を知ることが出来ます。

 

  • どのような本が人気なのか。
  • どのような本が必要とされているのか。

 

この2点を知ることは非常に大切です。

単に、店頭で売れている本=audibleでも必要とされているとは限らないため、精緻なデータを取得することはサービス向上に直結します。

 

たとえば、audibleと英語リスニングはとても相性がいいです。

英語勉強法とaudible

 

では、どのようなナレーターで、どのようなトーンで話せば良いのでしょうか?

audibleは実験を繰り返すことで、より質の高いサービスを私たちに提供することが出来るようになるのです。

 

ちなみに、聴き放題サービスを展開しているオーディオブックでは、聴き放題であるがゆえ、精緻なデータは集めにくいのが欠点です。

 

また、アマゾンほど資金的に余裕もないため、今後の展開が非常に楽しみです。

audible 同業他社と比較

 

また、コイン制度が始まってまだ間も無いですが、

コイン制度に伴う返品制度は平均5回〜8回可能です。

これは、1コインで5冊から8冊読めるのと同じ考えです。

audibleの返品方法

 

「聴く読書」のサービスはまだ数が限られているので、

アマゾンも試行錯誤中なのでしょう。

 

本を1冊買えば大体1,000円前後の料金です。

本をプロの声優やナレーターに読んでもらえることを考えれば、1,500円は高いとは思いません。

むしろ、今までが試験期間で安過ぎた。と捉えた方がいいかもしれませんね。

タイトルが少ない。いや、少な過ぎる!

audible カテゴリー表 その2

これは事実です。

現在20万冊の本が揃っていますが、「物足りない!」と感じることは多々あります。

反対派の意見としては、1,500円も払ってるんだからせめてkindle並みには本を揃えてくれ!が本音なのかもしれません。

 

「聴く読書」未経験者には、十分すぎるタイトルが揃っていますが、聴きなれた玄人には足りません。

20万冊の多くが洋書なので、現代小説やその他ジャンルはこれからが期待です。audibleと小説は非常に相性がいいので、更なる展開を本当に希望します。

まとめ

いかがでしたか?

 

audibleの改悪点は以上になります。

  • audibleは使う人によって感じ方が様々
  • 言われている程改悪・デメリットは無い。
  • 小説が好きな人に超おすすめ!
  • 英語学習にも最適!

audibleが向いていない人は

  • 聴き放題を希望する人
  • 図解が多い本を読みたい人

 

audibleは新しいサービスなので心配かもしれませんが、これはアマゾンが運営するサービスです。

今は無料キャンペーン中です。「聴く読書」未経験の方は実際にあなた体で体験してから判断してみましょう。

今すぐaudibleを使ってみる!!

ボタンをクリックするとaudible公式サイトに移ります。

解約料金はいつでも無料なので安心して登録できます。

関連広告

Twitterでフォローしよう