前回は仮想通貨の全体像について記事を書きました。

ポイント
・ビットコインは仮想通貨の代表格。
・仮想通貨は中央管理者がおらず、世界中のコンピューターが管理し合っている。
・ネット上で管理され、手数料が少なく送金スピードが速い。

今回はビットコインとアルトコインについて記事を書きます。

 

仮想通貨を勉強する上でビットコインの歴史とアルトコインを知っておくことは非常に重要なので一緒に勉強していきましょう。

今回の流れ
ビットコインはサトシ・ナカモト氏によって開発された。
ビットコイン以外は全てアルトコインです。
アルトコインの種類は1,600以上。
・アルトコインはICOによって日々その種類が増えている

夫婦で始める仮想通貨(ビットコイン)の基本

 

仮想通貨の代名詞であるビットコイン(BTC)。誕生したのは2008年10月で、サトシ・ナカモトと名乗る人物によって開発されました。詳しくはビットコイン(BTC)の歴史に記載。

 

しかし、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトは誰だか分かっていません。そもそもこの名前は偽名であると考える人が多く、日本人ではないとの見解が大勢を占めています。

 

当時は誰もビットコインを相手にせず、

  • どうせすぐ無くなるだろう
  • 買うのは損だ。

として、価値に値段が付く事がありませんでした。

 

2009年に始まった取引でも1BTC=0.07円という破格の価格でした。

 

2010年にはビットコインの将来性に気付いた人達が、主にプログラマー達がビットコインをより普及させようと努力し始めます。

ビットコインの魅力
特定の国に依存せず、目的に応じて国や政府や大銀行といったあらゆる権力に縛られず、自由で、民主的で、誰にも独占されない通貨

そして、彼らの努力の甲斐あって、ビットコインの魅力は世界で支持者を増やし始めます。

 

しかし、当時ビットコインを手にする事ができたのは、プログラミングの技術や知識がある人に限定されていました。

 

どんなにビットコインが魅力的であっても、利用できる人達が限定されれば、その価値は普及せず、価値に値段が付く事はありません。

 

その為、ビットコインを広めたい人達は、プログラミング知識が無い人でもビットコインを購入できるよう、「取引所」という場所を開設するようになります。

 

そして、「取引所」ができた事によって、特定の知識がない人達でもお金を払えば仮想通貨を購入できるようになりました。

 

日本では2017年に多くの取引所が多く開設され、一気に人気に火が付いたのです。それは、まさに価値に値段が生まれた瞬間でした。

 

その後は1BTC100万円を超え、一時は200万円を超えるまで値段が上がりました。詳しくはビットコイン(BTC)の歴史に記載。

夫婦で始める仮想通貨の種類

アルトコイン(ビットコイン以外の全ての仮想通貨)

仮想通貨の世界では、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめてアルトコインと呼びます。

 

まず最初に、あなたは下の仮想通貨の名前をいくつ答えられますか?

 

 

こめ
う〜ん、3つぐらいかな?

 

個人的な意見ですが、18種類のうち6種類以上答えた人は仮想通貨に相当興味がある人だと思います。

 

6種類も分からない!というあなたも大丈夫。例えば、世界では180種類の通貨が存在しますが、

パッと通貨の種類を聞かれて6種類以上答えられる人も少ないと思います。関連記事⇨世界のお金の種類は180種類以上!

 

こめ
円・ドル・ユーロ・・・・

 

即答と言われると難しいですよね。仮想通貨は身近ではないので、尚更答えられなくて当たり前です。

アルトコインの種類

現在、仮想通貨の種類は1,600種類以上と言われており、その用途は様々です。

 

  • 送金スピードを重視した仮想通貨。
  • ゲームに特化した仮想通貨。
  • 匿名性を意識した仮想通貨など

 

仮想通貨はまだ誕生して10年以内なので、どの通貨が値上がりするかは全くわかりません。もしビットコイン以外の仮想通貨に興味が沸けば、各コインについて調べてみましょう。その多さに驚くはずです。

 

アルトコインはICOによって日々その種類が増えている

約1,600種類のアルトコインは、日々増えています。

 

株式投資の経験がある人ならIPO(新規株式公開)という言葉を聞いた事があるかもしれません。

 

仮想通貨も同様にICO(新規仮想通貨公開)によって日々銘柄が増えているのです。株式はIPOで上場するように、仮想通貨もICOを経て取引できるようになります。

 

例えば、どこどこの仮想通貨がある取引所に上場するらしい/上場したらしいという情報があれば、一般的に値上がりする事が多いのが実態です。取引所については、こちらの記事を参考にしてください。

 

全てのアルトコインが値上がりするとは限りませんが、上場銘柄は事前にチェックしておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ
ビットコインはサトシ・ナカモト氏によって開発された。
ビットコイン以外は全てアルトコインです。
アルトコインの種類は1,600以上。
・アルトコインはICOによって日々その種類が増えている

次回は仮想通貨と株やFXの違いについて記事を書こうと思います。お楽しみに!

関連広告

Twitterでフォローしよう