あなたはリケジョ(理系女子)という言葉が2011年頃に流行したのを覚えていますか?

最近では少し落ち着き、「リケジョ」という言葉をメディアで見かける機会はかなり減りましたが、誰でもリケジョを理系女子と理解できる一般的な言葉となりました。

そんなリケジョのイメージは、こんな感じでしょうか?

おたく、女子トークが苦手、メガネ女子、論理的、没頭タイプ

 

実はこれ、わたしの嫁のイメージを並べてみただけなんです笑

というのも、嫁は国立大学院を卒業したバリバリの理系人間なんですね。考え方が正反対で大変なこともありますが、楽しいことが10倍あるので、いつもゲラゲラ2人で笑っています。

あくまで私視点ではありますが、リケジョの「実のところ」をこの記事を通して皆さんにお伝えできたら幸いです。

理系女子はそもそも数が少ない

 

現在、日本の大学生のうち、「理系」の学部に在籍している女子は約12%と言われています。

 

30人のクラスに3、4人いるかいないかの割合です。

 

また「数学のノーベル賞」とも呼ばれるフィールズ賞の歴代受賞者もすべて男性です。

 

元々、リケジョの数が少ないので、リケジョの実態が謎のベールに包まれていてもしかたないですね。

理系女子のイメージ

 

さて、理系女子の割合が理系全体の約12%であることはさておき・・・

 

理系女子のイメージをもう一度整理してみましょう。

 

こんなイメージでしょうか?

・おたく
・趣味に没頭する
・論理的
・インドア派
・草食系である
・物静かである
・女子トークが苦手
・メガネ女子
・気難しい

 

理系女子から殺されそうな文言が並んでしまっていますが、こんなイメージですよね。

 

出展:フジテレビHPより

 

嫁と出会ってから3年以上経ちますが、ほぼ通りだと思います。

 

特に自分自身の考えをしっかり持っていて、論理的に説明できる人が多いように感じます。

 

エリート理系女子との出会い

 

私は、エリート理系女子を狙って結婚したわけでもなく、たまたま好きになった女性が国立大院卒の理系でした。

 

嫁との詳しい出会いは別の記事に記載しています。

 

嫁は理屈好きで、論理的で気難しいところも多く、頭の回転が早いので頭のつり合いが取れないことも多々あります。

 

しかし、自分と全く反対の性格の持ち主なので一緒にいて、とても楽しいです。

 

私たちが結婚した理由は、お互いが求める「楽しさ」がそこにあったからなんです。

 

結婚した理由は「一緒にいて楽しいから」

 

ある日、朝3時ぐらいに嫁から私に電話がありました。

嫁からの相談内容
・なかなか仕事が上手くいかない。
・上司とウマが合わず、仕事が本当にきつい。
・気付けば、今、湘南の海にいる。
・どうやって、東京から湘南の海まで来たか分からない。
・どうすればいい?

こんな相談を朝3時に受けました。

 

一歩アドバイスを間違えると・・・とても危険な状況です。

 

深刻な相談でしたが、余りにもぶっ飛んだ相談だったので、笑って話を聞いていたのを今でも覚えています。

 

嫁:どうしたらいいと思う?

この時間に女の子1人で湘南ってヤバいw ウケるw

 

こめ
とりあえず、会社行くのやめて、うちきたら?

こめ
嫌なら仕事やめたらええやん。一緒に住もうよ

 

とゲラゲラ笑いながら、「無理すんな」と話しました。

 

今の会社で頑張るしかない!と思っていた嫁は、この言葉が本当に嬉しかった様で、最後には一緒にゲラゲラ笑いながら、「そーだね」と明るい声になっていました。

 

嫁は真面目に仕事に没頭するタイプの人間で、あまりにも「前に進む」ことで精一杯になってしまい、「休む」ということを忘れていたようです。

 

聞くと、1日17時間働く日も多かった様です。

 

恐るべし。1日7時間は寝ないとね!国立大学院卒というプライドや肩書きがそれを邪魔していたのかもしれません。

 

そんな流れで同居が始まるのですが、一緒に住んでみても、遠距離の頃から感じていた楽しさは一切変わりませんでした。

 

そして、ここまで自分の素の姿を見せられた女性も嫁が初めてでした。仮面を被って生活することなく、自分の素の姿を認めてくれる女性、それが嫁でした。

 

一緒にいて楽しい事。これがお互いが結婚に求めることでした。

 

理系女子には空想論は通じない

 

ここで理系女子の「注意点」について話をします。

 

理系女子は「頭がいい」「理論的に物事を考える」と言っても、伝えたい事をハッキリ言葉で明確に示さないと通じません

 

しかし、相手は女性です。

 

余りにも具体的に「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」伝えてはいけません。

 

女の子が恥ずかしく、なかなか口に出して言えないこと
空想で考えているロマンチックなこと
これを叶えるのが男子です。つまり、論理的にロマンチックでなければならないのです。これをめんどくさいと思ってしまうあなたは、要注意です。これをどうやって実現するかです。

 

このバランス感覚がとても難しいのです。サプライズを企画しても、感性の鋭い嫁は直ぐに気付きます。

 

何もしないと、「何もないの〜?」イジられます。

 

ある時は論理的に説明が必要で、ある時はロマンチックな行動が求められるのです。これを愛おしいと感じるかめんどくさいと感じるかは、あなた次第です。

 

最後に

 

少しでも理系女子の実の姿をお見せできたかと思います。しかし、理系女子は理系全体の12%しかおらず、その実態がはっきりとしていません。

 

これからも、理系女子に関する面白い気付きがあれば、記事、又はtwitterでつぶやいていく予定ですので、楽しみにしてて下さいね♪

 

関連広告

Twitterでフォローしよう