遠距離恋愛で結婚するまでの具体的な流れ 出会いから付き合うまで

 

友人の結婚式で女の子と出会い、デートがスタート。

その数ヶ月後に結婚に至る。

 

そんなドラマみたいな出会いを夢見たことありませんか?

 

実は、僕がそのパターン。

出会ってわずか1ヶ月で付き合うことになりました。

 

この記事では、

  • 僕がどのように嫁と付き合い始めたのか。
  • 具体的に付き合うまでどのようなやりとりをしたのか。

 

について、解説していきます。

あ〜、早く白馬の王子様が迎えに来てくれないかな〜?

そろそろ、あのタバコ屋の角まで来てるんじゃないかしら?! 遅いわね〜、誰かに襲われたのかしら?! とソワソワしてる、そんな方にぜひ読んでもらいたい記事です。

前回までのあらすじ
・嫁との出会いは友人の結婚式
・嫁は披露宴から6次会まで全て参加
・僕は最初から最後まで嫁と話した記憶なし

遠距離恋愛で結婚するまでの具体的な流れ:出会いから付き合うまで

遠距離恋愛で結婚するまでの具体的な流れ:出会いから付き合うまで

結婚式から2日後、嫁からfacebookでメッセージが来た

結婚式から2日後、嫁からfacebookでメッセージが来ました。

 

超淡白な返信。

それもそのはず。僕は2次会から6次会まで

自分が楽しむことを第一に考えて行動したので、

嫁のことは全く覚えていない。

 

よく、結婚式でターゲットを絞って

狙い撃ちするハンターみたいな人がいますが、

僕は全く逆でした。

 

というか、今思い返せば、

嫁からメールが来ているこの時点で、僕は既にハンターに狙われた鹿だったのかもしれない。

 

けど、そんなことおかまいなしで喜ぶ僕。

女の子からメールが来たら、そりゃ日本男児たるもの、誰だって嬉しいですよ。

まあ、冷静に考えると、棚ぼただったわけです。はい。

 

で、そんなこんなで会話が始まります。

お互い海外に興味があり、学生時代にバックパックで

いろんな国を巡っていたことが判明。

 

女の子でバックパックは珍しいな

と好印象を抱きます。

そして、旅行が好きなので、話が盛り上がります。。。

 

では、ありませんでした。

 

はい。

 

この時、まだ僕はハンターに狙われた鹿なのだと気付く余地は一切ありませんでした。

嫁からの3通目のメール

 

とメールが来ました。

これ、僕じゃなくて嫁が書いているメールです

結婚式で出会って、あまり何を話したか覚えていない

僕にメールを送ってくれて、3通目でこれ。

なんだろう、いきなりサッカーの試合が始まったかと思うと、いきなりPK勝負に入る感じでした。

もう、キックする状態に入ったロナルドを迎え撃つゴールキーパーの気分です。どこからでも恋!的な。

当時、僕は1人で滋賀県を旅していました。

今振り返ると、どこを旅していたのか覚えていませんが、

僕も僕でですが、嫁も嫁です。

お互い自由すぎ。

 

マジで自由すぎ。

 

それはともかく、僕は何も考えず、

え?わざわざ関西まで来てくれるん?ラッキー

遊ぼう遊ぼう!と幼稚園児並みの発想で喜びます。

 

幼稚園児並みというか、見た目は大人、中身は子供。

コナンの逆バージョンです。

 

嫁にツアープランを組んであげると、

本当に嫁が新幹線のチケットを予約。

本当に3週間後に会いに来ました。

 

え、本当に来るの?

 

東京から関西。

弾丸旅行

女の子が1人でここまで行動しますか?

普通逆ですよね。

 

今考えると、僕はハンターに狙われた生まれたての子羊だったのかも。

嫁の行動力は凄かったなあ・・・

 

嫁が関西に遊びに弾丸旅行で遊びに来た!

 

嫁は代休を消化する必要があったので、平日に休みを取り、

関西に遊びに来ました。

 

僕は仕事を早めに切り上げ、待ち合わせ場所で合流。

事前に番号は交換済みだったので、スムーズに会います。

 

18時から居酒屋で和気あいあいとデート。

大半は彼女の悩みを聞いていたのですが、後半は趣味の話。

そこで、共通の趣味があることが発覚します。

 

そう、旅行です。

22時ぐらいまで、何も怪しいことは起きず、

そろそろにお開きになるかな?と考えていたら、2次会、3次会・・・と続きます。

 

記憶では1時頃に解散でしたが、当時のメール記録を見ると…

平日の朝の4時まで遊んでた。

 

次の日も仕事なのに

はっちゃけすぎ。

 

この日は、何もなく、マジで4時前まで飲んでいました。

僕、お酒は飲めませんが、何故か居酒屋の雰囲気が好きなんです笑

 

はあー、翌日も仕事なのに、よくこの時間まで飲んでいたな。

それだけ楽しかったんでしょうね。

1回目のデートが終わってから、ほぼ毎日メールでやりとり

 

その後は、一般的なカップル同様、

僕達もメールでのやりとりが始まります。

まだ、付き合っていなかったのですが、

ほぼカップルのように、毎日メール。

 

ですが、メール内容は少し変わっていました。

と言うのも、僕と嫁は旅行が共通の趣味だと

最初から分かっていたので、どっか一緒に旅行いけたらいいね!

と話し合っていました。

 

半分冗談。半分本気で北海道とか行けたらいいね〜

と話していると、出会って3日後。

こんな旨のメールが嫁から届きます。

仕事先には了承を得た。旅行どこいく?

 

デートして3日目に「どこ行く?」のメール。

デートして3日後です。

嫁さん、行動力あり過ぎです。

 

当時の僕は、また何も考えずに、

「え?一緒に旅行行ってくれるん?ラッキー」

と、やめられない、とまらない、ポリンキー状態。

ハンターに狙われた獲物なのに、

何故かハンターに好印象を持ち、

自ら近づいている僕がいます。

 

学習能力が猿以下です。

よくTOEIC900点取れたものです。

 

もう、僕はノリノリです。

 

 

なんで、北海道のガイドブック買ってんだよ。

 

と今なら突っ込みたいです。

当時の僕は、「僕が行きたい場所」

しか考えていなかったので、本能でガイドブックを選択。

 

 

もう、嫁もノリノリです。

嫁は僕を狙っていたのかな?

僕と同じように単純に旅行に行きたかったのかな?

真意不明ですが、嫁もノリノリだったことは確かです。

 

プランが具体的に進んでいく

 

 

北海道プランが具体的にプランが進んでいきます笑

でも、待って下さい。

僕と嫁はまだ付き合っていません。

この時、嫁とデートして1週間。

まだお互いの呼び方も決まっていません。

 

  • こめさん
  • こめちゃん
  • こめ

 

どんな呼び方にする?

このレベルの話し合いをしています。

と、僕が初めて気付きます。

出会って約1ヶ月で初めて嫁と付き合うことを意識した。

 

付き合ってないのに、北海道行ってもいいのか?

 

旅行中に僕が嫁に告白して振られたら最悪の旅行になるよね

 

だったら、今告白して、振られた方が良くない?

 

そしたら、綺麗さっぱりして楽しめるよね

 

 

遅い。気付くのが遅すぎる。

しかも、気付き方もなんか違う。

 

でも、当時僕の中では、これが最善の回答でした。

旅行を楽しみたいなら、嫁に告白しとくべきだ!

この子、面白いし、付き合いたいな。

ダメならダメでまた考えよう。

 

 

僕も嫁も行動派です。

嫁は計画的に行動しますが、僕は感覚的に行動します。

 

嫁と出会って1ヶ月目の事でした。

付き合うまで

  • デート1回
  • 電話0回
  • メール166通

 

電話で嫁に気持ちを伝えると、即OK。

無事に付き合うことができました。

 

 

かなり不思議な感じでカップル成立です。

 

という流れで僕と嫁さんは付き合い始めます。

 

次回は、デートから結婚するまでの流れを紹介します。

4回のデートで結婚を決意した具体的な流れ

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連広告

Twitterでフォローしよう