家売るオンナの逆襲

この記事では、『家売るオンナの逆襲』2話のネタバレを紹介します。

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』2話の完全ネタバレ
  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』2話のみどころ

について、徹底的に解説します。

こめ
いや、完全なネタバレは…

という人は、こちらの記事をどうぞ。

『家売るオンナの逆襲』2話を無料で今すぐ見たい方はこちら!

こめ
登録・解約は簡単だよ♪
*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年1月16日時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

『家売るオンナの逆襲』第2話ネタバレ

『家売るオンナの逆襲』第2話のあらすじ

『家売るオンナの逆襲』第2話のネタバレ

強敵泉ピン子参上。ネットカフェ暮らしの老婆に家爆売りGO

ある日、庭野聖司(工藤阿須加)は課長の屋代大(仲村トオル)に家が売れそうで、これから契約をすると報告する。

報告後に、別室に戻ろうとする庭野であったが、庭野が契約をするはずの神子巴(泉ピン子)が事務所に入ってくる。

神子は庭野に対し、契約はキャンセル、明日また来るから家を20件探せと伝え、事務所を出るのであった。

神子が鼻歌を歌いながらエレベーターを待っていると、後ろから三軒家万智(北川景子)が現れる。

急に現れた三軒家に対し、驚いた神子であったが、エレベーターに乗りながら、追いかけてきた庭野に、明日また来ると伝え、帰るのであった。

 

自席に戻った三軒家は、神子と同じ鼻歌を歌いながら、パソコンやスマホをいじり、屋代に出かけると伝え、外出する。

それを見送った屋代は自分のスマホを操作すると、三軒家からLINEが来ており、確認すると、今日も帰らないと書いてあった。

 

その夜、フェンシングクラブで足立聡(千葉雄大)と留守堂が対戦した。対戦後に、手を握り合ったり、更衣室で目が痛いといった足立の目を留守堂が見てあげたりと、怪しげな雰囲気で、なぜか鼻血を出してしまう足立。

その後、足立が留守堂をバー「ちちんぷいぷい」に案内する。留守堂を見た白洲美加(イモトアヤコ)は大量の鼻血を出し、その光景を見た足立は、先ほど自分が鼻血を出したのを思い出し、自分が留守堂に何らかの思いを持っているのではと気になる。

しばらくすると、屋代と布施誠(梶原善)が「ちちんぷいぷい」に訪れ、足立は留守堂を屋代と布施に紹介する。

飲んでいる間に、三軒家が歌っていた鼻歌の話題になる。これを聞いた留守堂は先に「ちちんぷいぷい」を出る。

三軒家が先ほどと同じ鼻歌を歌いながら街中を歩いていると、留守堂が現れる。その鼻歌を聞いた留守堂は、シーラカンスですねと話すのであった。

 

神子の家を探していて遅くまで残業していた庭野は、白州と街中で遭遇する。

電車がなくなり、どうやって帰るかを考えていたが、庭野はネットカフェ「シーラカンス」で泊まり、白州は元旦那の宅間剛太(本多力)を呼び出すのであった。

 

翌朝、事務所で屋代がいると、三軒家が出勤してくる。昨夜はどこに泊まったかを聞くと、ずっと街中を歩いていたと伝える。

その後、庭野が出勤すると布施たちに、初めてネカフェに泊まり、うるさくて眠れなかったと愚痴ってしまう。

 

庭野は神子に新しい物件を案内しているが、ここも気に入らない様子である。このとき、三軒家が現れるが、神子は三軒家を相手にせず、庭野と甘いものを食べに行くと言って物件を出る。

カフェで甘いものを食べた後に、「ちちんぷいぷい」に庭野と神子が来ると、足立と留守堂が飲んでいた。

留守堂が神子に挨拶すると、気をよくした神子はシャンパンを入れろ、ないなら買って来い、と白州にいい、お金を渡すのであった。

シャンパンを飲み終わると、留守堂は店を出る。

その後、神子も帰ろうとするが、庭野がタクシーで送ると伝えるが、この申し出を頑なに断り、一人で店を出る。

 

飲みすぎて電車のなくなった庭野は、また「シーラカンス」に入る。

シングル席で受付をすると、三軒家が現れ、庭野のシングルをキャンセルし、カップル席で入店する。

二人きりでいることに興奮した庭野は、鼻血を出してしまう。

この鼻血を見た三軒家は、シャワーを浴びてこいと指示をする。

シャワーを浴びに行く庭野が、廊下で神子とすれ違う。

部屋に隠れた神子に対し、庭野が廊下から話しかけていると、別室から留守堂が現れ、自分は30連泊している、俺の部屋で話そうと庭野を誘うのであった。

部屋では、ここにはいろいろな人がいると話す留守堂。

この話を聞いていた、神子は部屋に入ってきて、もともといたアパートが取り壊され、新しいアパートを探していたが、独り者には貸してくれない、一人では死にたくないと泣くのであった。

 

翌日の昼間、三軒家が銀行から姿を現す。

入れ替わりに、屋代が銀行に来て、ATMからお金を引き出そうとするが、残高が0になっているため、引き出せない。

同じ頃、「ちちんぷいぷい」で庭野は留守堂に神子には老人ホームを紹介すると伝える。このとき、庭野は、なぜ留守堂が30連泊しているかと尋ねると、あそこは宝の山であると答えるのであった。

神子に老人ホームを紹介するが、気に入らないので、「シーラカンス」に帰ると言って外に出る。

 

庭野と神子が「シーラカンス」に来ると、受付に3日後に閉店すると貼り紙がしてある。

店員に尋ねると、急に売却された、自分は知らないと答えられる。

そのとき、受付の後ろの部屋から三軒家が現れる。

自分が「シーラカンス」を買った、こんな場所はなくしてしまえばいいというのであった。

神子がここがなくなったら、自分たちはどこに行けばいいかと三軒家にいうと、ならば神子が「シーラカンス」を買って、オーナー兼住民になればいいと答える。

この内容を聞いていた、「シーラカンス」の客たちは、部屋から出てきて、三軒家の意見に賛同し、拍手をするのであった。

これを見た、神子は家を買うと三軒家に伝えるのであった。

そのころ、事務所では屋代が布施に、銀行の残高がなくなっていたと愚痴っていると、三軒家と庭野が戻ってくる。

屋代に通帳を渡しながら、今までの残高+600万円が入っていると伝える。

 

しばらくたったあと、庭野が「シーラカンス」に来ると、店名が「ネットカフェ ばばあ」と変わっていた。

部屋に入ると、内装もがらりと変わっている。

受付に現れた神子が庭野に、今はほぼ満室になっていると伝える。

すると、三軒家が「ネットカフェ ばばあ」に来ると、神子は二人の客を呼ぶ。

この二人は、意気投合し、結婚することになり、三軒家から家を買うことを決めており、三軒家が持参した契約書にサインをするのであった。

この風景を見ていた神子は庭野に対し、三軒家が家を売るために、この辺のネカフェに足を運んでいることを話す。

店を出た庭野は、三軒家になぜネカフェに行っていたかを聞くと、あそこは家のない人間のたまり場である、だから宝の山だと答える。

これを聞いて、留守堂も同じことを言っていたことを思い出し、留守堂が30連泊していたのは家を売るためだったのかと聞くと、そのとおりであり、1/3は留守堂に持っていかれたと答えるのであった。

 

その後、「ちちんぷいぷい」で庭野が屋代にネカフェでの出来事を話していると、留守堂が一人で入ってくる。

屋代が庭野に対して、三軒家が複雑な家庭環境であったと話すと、留守堂が三軒家は昔ホームレスであったと話すのであった。

これを聞いて驚いた屋代は、留守堂に何で知っているのかを訪ねるが、微笑むだけで何も答えなかった。

『家売るオンナの逆襲』第2話のみどころ3点

 

  1. 三軒家と留守堂の関係は?
  2. 足立と留守堂の関係は?
  3. 留守堂は天然?

 

三軒家と留守堂の関係は?

1話では、なんとなく留守堂は三軒家のことを知っていたことが感じられていました。

そして、第2話の最後で、留守堂が三軒家がホームレスであったことを屋代に話していたことや、ネカフェで留守堂と庭野の会話を別室で聞いていた三軒家が「留守堂」とつぶやいたのを見ると、過去に二人の間になんらかの接点があったと考えられます。

こめ
今後の展開が楽しみです。

 

足立と留守堂の関係は?

留守堂に惹かれていることに気が付く足立。三軒家に相談したりするのを見ると、今後、どのような関係になっていくのか気になります。

こめ
関係がごちゃごちゃだ…

留守堂は天然?

ドアを開くときに、押して開くドアを引いたり、引いて開くドアを押したりと、天然なのかわざとなのかわからない留守堂。なんらかの理由があるのでしょうか?

こめ
気になるーーー

『家売るオンナの逆襲』2話の口コミ・評判

 

 まとめ

ドラマを見た感想

今回、三軒家からいつもの「庭野の代わりに私が売りました。」が出ませんでした。

神子に「シーラカンス」を売りましたが、屋代家のお金を使って「シーラカンス」を買い、神子に+600万円で売ったので、「テーコー不動産」としての売り上げではないからですかね。

第3話に向けた期待

ゲストは、池田鉄洋さん、佐藤仁美さんなど。ゲイやレズの人たちが登場するようで、足立と留守堂の関係になんらかの動きが出るのでしょうか。

 『家売るオンナの逆襲』を無料で今すぐ見たい方はこちら!

*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年1月16日時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう