innocence5

この記事では、ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)のネタバレ&見所をお伝えします。

今回はあまり救いのない話で、見ている側も切なくなる内容です。

  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)の完全ネタバレ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)のみどころ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)の感想

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!
*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年3月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービス。

トライアル中の2週間は、全ての作品を無料で楽しめます。

Huluは海外ドラマに強い & シンプルなプランで分かりやすい

国内・海外ドラマはHuluが強い!
月額933円で登録作品が全て見放題!
  • 50,000本以上の作品が見放
  • シンプル操作で初心者も迷わない
  • 日テレ作品数は業界No.1
  • 14日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!
注意
紹介している番組は2019年3月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)の見所3点

  1. 最終回のゲストは武田真治!
  2. 拓をかばった楓の容態は
  3. いよいよ事件の真相が

 

最終回のゲストは武田真治!

ついに最終回を迎えるイノセンス、ゲストは最近、肉体派としてバラエティで新たな境地を開いた武田真治。

しかし今作では笑いも肉体美も一切なしの、リアル俳優の武田真治が登場とのこと。最終回にふさわしい対決を、拓と繰り広げてくれるはず!

拓をかばった楓の容態は

前回のラストで拓をかばってナイフで刺されてしまった楓の容態が気になる!

楓に対して甘えともとれるほど心を開いていた拓が、ついに楓の大切さに気づきそう。

いよいよ事件の真相が

ついに迎えた最終回。11年前の事件、今回の2件の殺人、さらに拓の父親との対決など、拓を取り巻く謎はすべて解けるのか?

そして、秋保との和解は?

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終)のネタバレ

ついに真犯人が現れる!

冤罪を憎む弁護士・黒川拓(坂口健太郎)が何者かに狙われ、かばった和倉楓(川口春奈)がナイフで刺されてしまうが、楓はとっさに犯人を引っかいた。

その頃報道記者の聡子(市川実日子)は、殺された京香、容疑者の富士田(坂本真)が共にSNSで交流していた『KooZ』という人物を見つけ出す。

KooZは11年前に殺された彩花、被疑者で自殺した浅間ともコメントを通じて知り合っていた。

科学者で彩花の兄・秋保(藤木直人)は、KooZの画像に使われた勾玉の形と殺人事件の被害者の傷の形に共通点を見出し、英語で所有を表す「アポストロフィ」に似ていることから犯人の所有欲を示すのではと推測する。

そんななか、楓を刺したという神津(武田真治)が警察に自首してきた。

拓は神津に会って自分を狙った理由を訊ねるが、11年前に東央大学で働いていたと聞き驚愕する。

さらに神津はすきを見て11年前も今回の2件も自分が殺したのだと拓にささやき、犯人しか知り得ない傷の形の件を口にした。

検察が思いがけない行動に

神津が犯人だと確信するが証拠がなく苛立つ拓は、11年前に捜査を担当した刑事・草津(佐藤B作)に会うことに。

当時、事件現場で見つかったタバコの吸い殻が、犯人と疑われる浅間が喫煙者でなかったことから証拠品から外されていたことを知った拓は、証拠品の開示と事件の再審を求めるが、その矢先、弁護士事務所が全くの別件で捜査されたうえ、遺留品のなかに吸い殻がなかったという理由で再審請求も棄却されてしまう。

焦りをつのらせた拓は検察の次長検事である父親・真(草刈正雄)に詰め寄り、証拠を隠していることを糾弾する。

楓も退院間もない体調を押して拓の信念を真に訴えるが、真は自分は関与していないと話を打ち切る。

しかしその会話から楓が、真のところまで証拠品の話が伝わっていなかった可能性を指摘。

さらに事務所に戻った拓たちは、所長の別府(杉本哲太)から、事務所の名誉を回復し、11年前の事件の弁護を担当した兄の無念を晴らすため、事務所をあげて神津の犯行を立証すると宣言される。

これにより事務所は一丸となって拓のバックアップをすることに。

もう一度、秋保の協力を仰ぐ拓

事務所全員の協力を得た拓は、立場の違いから決裂していた秋保を訪ねる。真犯人が別にいたことを訴え、もう一度力を貸して欲しいと頭を下げた。

そのころ真は検察の上層部から拓を抑えるよう圧力を受けていたが、拓の姿勢を支持し、自分なりに事件に向き合うと話す。

京香の事件の公判が始まり、拓は11年前の事件と今回の事件で、ともに吸い殻が見つかっていながら証拠として採用されなかったことを明かす。

その二つの吸い殻と、さらに楓を刺した神津の皮膚片から同一人物のDNAが検出されたことを秋保が証明し、証拠品を揉み消していた検察を厳しく批判。

思い込みやくだらないメンツを捨てず、真実を追いかける意思を持たないことが冤罪を生み出すという秋保は、拓の目をしっかりと見つめていた。

そしてついに神津が証人として出廷し、拓は直近に起こった2件の殺人事件と神津との関わりを示す。それは11年前の事件に神津が繋がるということでもあった。

拓の信念が秋保に、真に届く

神津は3件の犯人であることをあっさりと自供した上、いわば警察と検察への挑戦であったと笑い出した。

あらかじめ犯人と証拠を用意したうえで事件を起こし、冤罪が生まれるかどうかを試したと言うのだ。

傍聴席で冷静さを失い殴りかかろうとする秋保の前で、拓が神津の経歴を読み上げはじめた。

神津が過去に痴漢の疑いを受けたことがあり、それは冤罪であったこと、それがきっかけで神津の人生が悪い方へ転がってしまい、神津を一連の事件へ向かわせたことを明らかにする。

しかし拓は、冤罪の苦しみを理解していながら事件を起こしたことを責め、なんの反省もせずに死刑になるなんて絶対に許さないと強い声を上げる。

そのとき、傍聴席で発言を求めたのは真だった。11年前の事件の担当検事として、冤罪を生み出したことを率直に謝罪したのだ。

拓は、人は過ちを犯すし、冤罪も起こりうる。しかし間違った答えを正す勇気があれば、冤罪は必ず晴らせるはずだと訴え、富士田の無罪を勝ち取ったのだった。

たとえ真犯人が捕まっても、彩花も浅間も戻ってくるわけではない。

それでも、これでようやく彩花と彩花の愛した浅間を悼むことができる、と秋保は笑った。

そして真は、検察として異例ながら11年前の事件の再審請求をすると決意。間違いを正すための勇気を拓から与えられたのだった。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』10話のあらすじ

よめ
イノセンス、終わりましたねー!

 

突然現れた事件の真犯人、かなり危ない人でした。

普通なら考えつかない理由から3件もの殺人事件を起こした真犯人、この先しっかりと裁かれるといいですね。

やや唐突な終わり方ながら、最後に秋保先生と拓がしっかり和解できて本当に良かったです!

よめ
なんだか分かりあっちゃってる拓と楓も可愛かったー。

最後がほっこり終われて、後味の良いドラマでしたね。

また拓と秋保先生のコンビが見たい!続編があるといいなと思えるドラマでした!

*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年3月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう