innocence5

この記事では、ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~6話のネタバレ&見所をお伝えします。

今回はあまり救いのない話で、見ている側も切なくなる内容です。

  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話の完全ネタバレ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話のみどころ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話の感想

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!

 

*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年2月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話のネタバレ

心証真っ黒の被疑者

冤罪を憎む弁護士・黒川拓(坂口健太郎)が所属する弁護士事務所が顧問契約を結ぶ樽前物産社長の息子・樽前裕也(須賀健太)が、友人を改造拳銃で射殺したとして起訴され、拓と後輩弁護士の和倉楓(川口春奈)が弁護を担当することに。

部屋から殺傷能力を持つエアガンが見つかるなど、状況からかなり黒に近いと思われる裕也だが、本人は犯行を否認。しかし態度も悪く、調べていくうちに犯罪まがいの評判も聞こえてきた裕也を弁護する材料は少ない。

 

裕也の自宅を訪ねた拓たちは、住み込みの使用人・有珠田(吹越満)から事件当日、裕也は部屋にこもって楽器を弾いていたという証言を得るが、普段なら大音量で近所中に響きわたるはずの音楽を近隣住民は耳にしていなかった。

そしてその頃事務所には、被害者・新島の母(山下容莉枝)が、樽前の弁護などやめてくれと必死の訴えに訪れていた。

被害者の母が常軌を逸した行動に

裕也のアリバイを証明するための有力な情報が得られない中、検察側と会った拓は、裕也のアリバイを証言する有珠田が当時外出していたと聞かされる。

裕也のアリバイは完全に潰れたことになるが、本当のことを知るために弁護をするという拓の信念は揺るがない。

そんな中、パラリーガルの穂香(趣里)の息子・晴斗(森優理斗)が誘拐され、事務所は大混乱に陥ってしまう。

拓が弁護をやめなければ子供の命をうばうという脅迫メールが届き、新島の母によるものだと確信した穂香は新島の自宅に押しかけるが、新島の母親は事務所に現れた女と別人だった。

晴斗の命を盾に取られ、弁護活動を降りるべきと結論した事務所の決定に異を唱える拓は、何かを考えていた。

そして一時でも晴斗から目を離したことを激しく後悔する穂香を、楓は抱きしめるしかできないでいた。

裕也が起こしていたもう一つの事件

女が新島の母ではなかったことから、裕也が過去に起こしながら揉み消されたとみられる事件の関係者を当たり始める一同。

報道記者の聡子(市川実日子)の手も借り、大学当時の裕也と新島が女子大生に暴行し、被害者が自殺していたことを突き止める。

一方の楓は裕也の発砲事件のアリバイを証明するため大学准教授の秋保(藤木直人)を訪ね、事件当日、裕也の鳴らしたベースの音がどこまで届くかを検証しようとしていた。

 

公判が始まり、証人である近隣住民にベース音が届いていなかったのは、近くで行われていた工事の周波数の影響であったこと、その影響の届かない地域ではベース音が確認できたことが秋保により立証される。

同じ頃、晴斗を誘拐していた女・丸山依子が逮捕された。

依子は裕也と新島が起こした暴行事件で自殺した丸山ユキの母親。そして父親は、樽前家の住み込み使用人・有珠田だった。

 

有珠田は復讐のために樽前家に入り込んでチャンスを狙っていたこと、ユキを暴行した主犯の新島を殺害し、新島のいいなりだった裕也に罪を着せる計画だったことを認めた。

拓は、ユキの事件がしっかりと裁かれていたとしたら、今回の事件は引き起こされなかったであろうことを詫びる。

同時に、裕也が決して潔白ではないと言い、今回の事件についてのみ、無罪を主張するのだった。

そして穂香も、同じ親として丸山に晴斗をしっかり愛していくことを約束し、晴斗の手をしっかりと握りしめた。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話の見所

明らかになっていく、過去の事件

「東央大学生殺害事件」の被害者が秋保先生の妹だったこと。

さらに被疑者の弁護士が別府所長のお兄さんで、担当検察官は拓の父。さらにさらに、事件の犯人で有罪判決後に自殺したのは拓の幼なじみ!

今回いろんなことが明かされた事件、拓を取り巻く関係者はとても多いようです。

次に繋がってしまった事件

拓が言ったように、大学当時の事件を樽前物産の社長が握りつぶしたりせず、正当な裁きを受けさせていたら、今回の事件も誘拐事件も起こることはなかったんですよね。

正しく裁くことは、被害者や遺族のこの先の未来を守ることでもあるんですね。

通じ合った母親の愛情が切ない

事件解決後、娘の復讐のために晴斗を誘拐した丸山依子が、その気持ちもわかると言いかけた穂香に「こんな気持ちはわからなくていいんです」と伝える瞬間が切なくて泣けます。

晴斗くんにずっと優しくしていたと言う依子は、もとは普通の母親だったんですね。。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話の感想

晴斗に対してとても優しそうな表情だったユキの母親は、こんなことでもなければ事件なんて起こすはずもない優しい人なんですよね。

それでも事件を起こさずにはいられない親の愛情はやっぱりすごいなと感じました。

拓が今回外出禁止だったことで、楓との絡みも少なかったですねー。過去の事件も明らかになってきているので、また来週に期待です!

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』6話の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービス。

トライアル中の2週間は、全ての作品を無料で楽しめます。

Huluは海外ドラマに強い & シンプルなプランで分かりやすい

国内・海外ドラマはHuluが強い!
月額933円で登録作品が全て見放題!
  • 50,000本以上の作品が見放
  • シンプル操作で初心者も迷わない
  • 日テレ作品数は業界No.1
  • 14日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

 

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!
注意
紹介している番組は2019年2月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう