innocence5

この記事では、ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~7話のネタバレ&見所をお伝えします。

今回はあまり救いのない話で、見ている側も切なくなる内容です。

  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話の完全ネタバレ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話のみどころ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話の感想

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!

 

*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年3月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話のあらすじ

かえで(川口春奈)は、秋保あきう(藤木直人)の妹を殺したとされた浅間あさま(鈴之助)が拓たく(坂口健太郎)の幼馴染であること、自殺した浅間の冤罪を信じる拓に被害者遺族として複雑な思いを抱きつつ秋保が拓のサポートをしていることを知る。

そんな中、拓と楓は、湯布院ゆふいん(志賀廣太郎)の代打で、資産家の乗鞍のりくら権三郎ごんざぶろう(団時朗)の殺人を疑われている若妻・満里奈まりな(川島海荷)の弁護を担当することに。

練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった権三郎が無理心中を図ったという満里奈は、自らも中毒症状で病院に搬送されているが、事前に練炭を買っていたことなどから殺人を疑われている。

乗鞍家の廊下の防犯カメラ映像から、満里奈は一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いたことになるが……。

翌日、拓と楓、穂香ほのか(趣里)は乗鞍家へ。権三郎の前妻の息子・肇はじめ(六角慎司)は、練炭を焚いている間に満里奈が窓から外に出て、権三郎が死んでから戻ったに違いないと話すが、拓はあることに気づく。

公判の日、若者の目撃証言から満里奈が事件時間に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを根拠に反論。

勝訴が見える中、なぜか深刻な拓に父親の真しん(草刈正雄)は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と諭す。

実は拓は満里奈が殺人を犯した可能性を疑い、思い悩んでいた…。

真実を追えば依頼人の嘘を暴くかもしれないことに、弁護士としてどうすべきか葛藤する拓。しかし、楓の一言がきっかけとなって命がけの実証実験を決意する!

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話の見所

川島海荷が悪女役に

今回の依頼人は、資産家の夫を一酸化炭素中毒で亡くした元ホステス。

自らも中毒症状に陥ったにも関わらず、夫を無理心中にみせかけて殺害したと疑われる未亡人・川島海荷の悪女演技に注目!

拓が初めて、依頼人に疑いを抱く?

今まで常に冤罪を憎み、依頼人の目線で事件に向き合ってきた拓が、初めて依頼人の犯行を疑う事態に。

そのとき拓はどう行動するのか?

秋保と拓の複雑な関係

過去の事件の被害者遺族である秋保と、有罪とされた幼なじみの無実を信じる拓は、目的を共にする仲間ではなかった。

少しずつ明らかになる過去の事件... 

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話のネタバレ

元ホステスと資産家の無理心中

冤罪を憎み数々の無罪判決を勝ち取る弁護士・黒川拓(坂口健太郎)の過去が気になる後輩弁護士・和倉楓(川口春奈)。

それは、科学者の秋保(藤木直人)の妹が殺され、拓の幼なじみである浅間(鈴之助)が有罪判決を受け自殺した事件だった。

浅間の冤罪を信じる拓に被害者遺族として複雑な思いを抱きつつ、秋保が拓のサポートしていることを知り、楓はショックを受ける。

そんななか、同じ事務所の湯布院(志賀廣太郎)の代理で、資産家の乗鞍権三郎(団時朗)の殺害容疑がかかる若い後妻・満里奈(川島海荷)の弁護を担当することになった拓と楓。

当初は死亡した権三郎による無理心中と見られ、睡眠薬を飲まされたと主張する満里奈も一酸化炭素中毒で病院に搬送されたが、原因となった練炭を購入したのが満里奈であったことや、健三郎から満里奈に処方された睡眠薬が検出されたことなどから心中の偽装を疑われる。

接見した満里奈はあっけらかんと自分に不利な事を並べながらも笑顔で犯行を否定し、拓は違和感を拭えないが、乗鞍家の監視カメラの映像からは不審な点は出なかった。

依頼人を信じられない拓


パラリーガルの穂香(趣里)とともに乗鞍家を訪ね、家政婦や家族の話を聞くと、満里奈の犯行だと断言する前妻の息子・肇(六角慎司)は、練炭を焚いている間に満里奈が窓から外に出ていたに違いないと話す。

またそれを目撃したという証人が現れたと聞き、拓は庭を検証する。

公判が始まり、穂香の読み通り、満里奈が外に出たところを見たという目撃証言を検察側が取り上げるが、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを突き止め、満里奈が外に出ていなかったことを証明する。

しかしその最中、無視できない違和感を感じる拓。

裁判の展望が開ける中、拓に会いに来たエリート検察官で父親の真(草刈正雄)は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動などない」と拓の信念を否定。

そして、弁護人に湯布院を指定してきた満里奈の意図も判明する。

昔、湯布院が担当していた投資詐欺事件の被害を受け無理心中した一家の生き残りが満里奈であったこと、その詐欺事件に乗鞍が関係していたことがわかったのだ。

乗鞍を殺す動機が満里奈にあったことを知り、弁護に迷いが生じる拓。

依頼人の本当の利益とは

満里奈が部屋から出ていないことを証明しながらも、一時間以上も一酸化炭素が充満した部屋で生き延びたことを疑問に思う拓。

そんなとき、一家心中から共に生き残った満里奈の弟が入院する病院を報道記者の聡子(市川実日子)が見つけてくる。

悩みながらヒントを探す拓に、自分たちが満里奈にできることはなんだろうとつぶやく楓。それを聞いて、拓は事故の完全再現と実証実験を試みることに。

秋保に協力を求め、拓が命がけで証明したのは、満里奈が過酸化水素水と二酸化マンガンで酸素を作り出し、一酸化炭素が満ちた部屋で事なきを得たという事実だった。

そしてそれは、満里奈が計画的に乗鞍を殺害したという事実の確認でもあった。

満里奈は罪を認めながらも、吐き出すように自分を無罪にしろと詰め寄る。

自分の一家を心中に追い込んだ乗鞍が罪に問われなかったように、自分も証拠不十分なら罪に問われないはずだった、なのに自分を弁護するはずの拓が余計なことをしたと責める満里奈。

罪を背負ったままではあなたは救われないと訴える拓だが、満里奈に途中解任されてしまう。

そんななか、一家心中からずっと意識不明だった満里奈の弟が急死。生きる支えをなくした満里奈は、公判で突然乗鞍の殺害を自供する。

傍聴席で見ていた拓と楓に、再度弁護を依頼し、救われたいと願うのだった。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話の感想

今回は弁護士としてのお仕事の難しさをひしひしと感じる回でした。

満里奈が本来は罪に気づいてほしいと願っていると見抜いて、あえて実証実験を行った拓はとてもすごいと思いますが、本来は依頼人の利益に反することはしてはいけないんですよね。

なにが依頼人の本当の利益になるのか、しっかり向き合った拓だからこそできたことなのかなと思いました。

そしていよいよ、本当にいよいよ明らかになってきた秋保先生と拓の過去の事件!

次回も楽しみです^^

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』7話の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービス。

トライアル中の2週間は、全ての作品を無料で楽しめます。

Huluは海外ドラマに強い & シンプルなプランで分かりやすい

国内・海外ドラマはHuluが強い!
月額933円で登録作品が全て見放題!
  • 50,000本以上の作品が見放
  • シンプル操作で初心者も迷わない
  • 日テレ作品数は業界No.1
  • 14日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

 

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!
注意
紹介している番組は2019年2月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう