innocence5

この記事では、ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話のネタバレ&見所をお伝えします。

今回はあまり救いのない話で、見ている側も切なくなる内容です。

  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話の完全ネタバレ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話のみどころ
  • ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話の感想

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!

 

*初回に限り14日間無料!
注意
紹介している番組は2019年3月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。

イノセンス8話の見所3点

24年前の冤罪を晴らせるか?

今回の事件は、24年間獄中生活を送る死刑囚を救えるかという難事件。

確定している死刑を覆すための再審請求は、通れば奇跡とまで言われる難物。拓は再審を勝ち取れるか?

ゲストは片岡鶴太郎と星野真里

ガンで余命いくばくもない死刑囚を片岡鶴太郎、父親が死刑囚であるという人生を送ってきた娘に星野真里。

どちらも超演技派の二人、複雑な感情表現を見事に見せてくれそう!

マスコミの苦悩と葛藤

報道記者の聡子(市川実日子)から、死刑囚を無罪にしてあげてほしいと持ち込まれた今回の事件。

聡子が、本人も娘も望んでいない再審を請求する理由とは?

イノセンス8話のネタバレ

24年間の獄中生活

弁護士事務所に勤める黒川拓(坂口健太郎)と和倉楓(川口春奈)は、報道記者の聡子(市川実日子)に頼まれて、24年間獄中生活を送る死刑囚・式根大充(片岡鶴太郎)の支援をすることになる。

事件は当時、社宅で開かれたクリスマスパーティーでシャンパンに毒物が混入され、式根の妻を含む6人が死亡し、毒物の入手が容易だった式根が警察の尋問で自白に追い込まれたというもの。

数年前から式根と手紙をやり取りしていたと言う聡子は、式根が癌に冒されていると知り、命のあるうちに冤罪を晴らしてあげたいと言う。

しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるほど難しいと言われ、これまで4度の再審請求は全て棄却。式根本人も、希望を抱くことが苦しいと再審請求を望んでいない。

それでも式根はまだ生きていると言い、事件を調べ始める拓と楓は、当時の関係者の証言が式根の逮捕後に変わっていることに注目するが、当時の証人は非協力的。

聡子と共に式根の一人娘・松ケ下玲子(星野真里)にも会いに行くが、死刑囚の娘として生きてきた玲子にも拒絶され、再審への糸口は掴めないままだ。

依頼人の体に異変が

拓は警察が事件後に行った『引き当たり捜査』の写真に違和感を感じ、科学者で協力者の秋保(藤木直人)の協力を得て写真を調べると、警察が写真の順番を入れ替えて事実を捏造したことが疑われる。

しかし、それを新たな証拠として再審請求に向けて動き出せると報告に訪れた拓たちの前で、式根の様子に異変が現れる。

一方で、報道によって再び生活をかき乱された玲子は、中途半端な正義感だと聡子を責め立てる。事件の真相を追究することで傷つく人がいることに、聡子は迷う。

そんななか、拘置所で倒れた式根。

体の衰弱とともに拘禁反応という認知機能の低下が認められ、ショックを受ける拓と楓だが、その反応が出る前に書かれた式根の手紙が聡子に届く。

そこには震える字で外に出たいと書かれており、拓たちは正式に代理人に認定された。

開かずの扉は開くか?

資料を全て見直した拓たちは、毒物の瓶が発見された沼があった場所を訪れる。

秋保の助けを得て沼地を再現し、事件の日にそこでおばけを見たという当時小学生だった女性・榛名(酒井美紀)が見た幻が、特定の条件下で見られるものだったことを立証。

そして、その条件を満たす時刻に榛名が沼を訪れたことを証明し、その時間は社宅の部屋にいたという証言の嘘を暴いた。

 

毒物の瓶を母に言われて沼に捨てに行ったという榛名は、母親が関係の悪かった父親を殺すために毒物を飲み物に入れ、その証拠隠滅に協力させられたのだと話した。

事件の10年後に母親が亡くなったこともあり、罪悪感に蓋をして黙っていたのだと法廷で泣きながら証言した榛名。

拓は、榛名が式根と玲子のために勇気を出してくれたこと、式根の冤罪を充分に証明する証言であるを訴え、あらためて再審を請求するが、請求は棄却されてしまう。

自身が冤罪と信じていた幼なじみと同様に、式根の冤罪を晴らすことができなかった事実に深く打ちのめされる拓。

しかし、父親の冤罪を認め、拘置所を訪れた玲子は式根と涙を流して和解することができたのだった。

イノセンス8話の感想

今回のラスト、冤罪であることの証言が出ながら再審請求が通らなかったことにビックリしましたね!

しかし拘置所に面会に来た玲子と、式根が心を通わせるシーンがあって良かったー。

それだけでも、拓のやったことは無駄じゃないと思えます。

そして今回、はじめて拓が楓に弱音を吐くというか、心の内を話す場面がありました。

来週から始まる最終章、楓の支えで乗り切ってほしいですね!

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話のあらすじ

たく(坂口健太郎)と楓かえで(川口春奈)は、24年前に起きた『イトエ電機社宅殺人事件』で死刑判決を受け長い獄中生活を送っている式根しきね大充ひろみつ(片岡鶴太郎)の冤罪を晴らしてほしいと聡子さとこ(市川実日子)から頼まれる。

『イトエ電機社宅殺人事件』は、式根が暮らしていた社宅のクリスマスパーティーでシャンパンにシアン化カリウムが混入され、6名が亡くなった事件。

直接証拠がない中、シャンパンを持ち込んだ式根が執拗な尋問の末に自白したことが決め手となり死刑判決を受けた。式根との長年の手紙のやり取りで警察の杜撰な捜査を知った聡子は、もし冤罪なら癌で余命の短い式根が生きている間に助けてほしいと話すが、再審は『開かずの扉』と呼ばれるほどの難関。

ずっと式根を弁護してきた塩原弁護士は生前に4度の再審請求をしたが、全て棄却されてきた。

式根に接見した拓と楓は本人が再審請求を望んでいないことを知る。

自らも事件で妻を亡くし、裁判でも散々希望をくじかれてきた式根は、希望を持つことが却って苦しいのだと話す。別府べっぷ所長(杉本哲太)も今回の再審請求はこれまでの弁護とは訳が違うと釘を刺す中、拓はできる限りのことをしたいと話す。

塩原弁護士が残した大量の資料を頼りに事件を調べる拓と楓、穂香ほのか(趣里)は、犯行に使われた毒物が当時イトエ電機の工場で働く人なら誰でも持ち出せたこと、式根の自白前と自白後で事件関係者の目撃証言が大きく変わっていることに気づく。

しかし、当時証言を変えた関係者に会いに行くと、皆終わった事件だと口をつぐむ。拓は事件に早く決着をつけたいという心理が当時の目撃者の証言に影響したのではと推測する。

さらに拓たちは式根の一人娘・松ケ下まつがした玲子れいこ(星野真里)を訪ねるが、事件以来マスコミから追い回され世間から冷たい扱いを受けてきた玲子はもう式根に関わるつもりはないと心を閉ざす。

マスコミの人間として罪悪感と無力感を感じる聡子は、『東央大学生殺人事件』を追う番組を作っていた時、秋保あきう(藤木直人)に「根拠もなく冤罪の可能性があると言うことは被害者遺族の気持ちを踏みにじる行為だ」と言われたと話し、いまだに秋保が自分にそっけないのはそのせいだと語る。

そんな中、楓は事件が起きたパーティーの直前、当時子供だった玲子が泣いている女の子・由美ゆみをなだめていたという目撃証言が書かれた塩原弁護士のメモを見つける。

メモには由美が「もうすぐ死ぬ」と不穏な言葉を口にしていたと記されていた……。さらに拓は当時の警察の『引き当たり捜査』の写真に違和感を感じる。

犯行時の状況を再現させるために社宅から毒物の瓶が捨てられていた沼地までの道のりを式根が自ら案内したはずの『引き当たり捜査』だが、秋保の協力を得て調べると、日の差し方や角度に不審な点が。

写真は先にゴール地点であるはずの沼地から撮られており、順番を入れ替えることによって毒物の捨て場所を知らなかった式根があたかも社宅から沼地に案内したかのように見えるよう警察が捏造したものだったのだ!

再審請求に向けて希望の光が見えてきた中、拓と楓は再び式根に接見する。前回とは違い穏やかに微笑み再審請求に同意する式根に安堵する楓だが、拓は式根の様子に異変を感じていた……。

一方マスコミの報道によって風化していた事件が再び関心を集めたことで事務所のメンバーは手応えを感じる。そんな中、突然事務所を訪れた玲子が聡子を平手打ちする!

事件が蒸し返されたことで再びマスコミに追いかけられることになった玲子は、中途半端な正義感で人の人生を振り回すな、と聡子を責める。

その夜、落ち込む聡子は秋保を呼び出し、マスコミの人間として抱える葛藤を吐き出す。立場は違いながらも聡子の想いや熱意を汲む秋保に救われる聡子。

だが、その頃式根が刑務所内で倒れてしまう……!医療刑務所に駆けつけた拓と楓を待っていたのは記憶が混濁した状態の式根。

長年の拘置所暮らしで精神的に疲弊し妄想や過去の記憶に囚われる“拘禁反応”が出てしまった式根を前に、拓は悔しさから激しい憤りを覚える。

翌日、拓は聡子宛に式根から届いたという手紙を受け取る。それは、拘禁反応が出る前の式根から、正式に拓に再審請求のための弁護を依頼するものだった。

拓たちは再審請求に向け、より確実な証拠を手に入れるため力を合わせる。過去の資料を洗い直していた楓は、聡子と式根がやりとりしていた手紙の中に『沼地にお化けが出る』という噂について書かれていることが気になる。

式根の手紙によると、毒物の瓶が捨てられていた沼地には「沼の上に大きな影が浮かび、それを見ると死んでしまう」という噂があったという。

楓は塩原弁護士のメモにあった、事件の日に女の子が「もうすぐ死ぬと言いながら泣いていた」という記述を思い出す。楓の言葉に拓は何かを閃く……!!

そして、拓と楓は玲子を連れて秋保の大学へ。

そこで待っていたのは、事件の日に泣いていた玲子の同級生・由美(酒井美紀)。状況を飲み込めない玲子と由美を、拓は簡易的に沼を再現するために床に水の張ってある実験場に案内する。

一同が簡易型沼の前に立つと、左右から霧のように水蒸気が発生し、照明が落とされる。拓たちが由美一人を残してその場を去ると、その瞬間、由美の背後でライトが点灯。

驚いた由美が振り向くと、そこにはなんと沼の真ん中に虹のような光を纏った巨大な人影が現れる!!

驚いた由美はその場に尻餅をつき、同時に沼の人影も消える。拓は、由美に事件のあった日にも同じものを見たのではないかと問う。

秋保は、この現象は『ブロッケン現象』といい、ある気象条件を満たすと霧に映った観測者の影に後光がさしたような虹色の像を作るのだ、と説明。

実は事件のあった日、毒物の廃棄された沼地ではこの現象を生む条件が揃っていた時間帯があった。拓に詰め寄られた由美は、事件当日に母親に頼まれて毒物の瓶を沼地に捨てに行ったことを告白する!!

当時、由美の家では会社をリストラされイトエ電機の工場で働き始めた父親が家族に暴力を振るっていた。パーティーの日、母親から瓶を沼地に捨てて来てほしいと頼まれた由美は中身が何であるかも分からぬまま瓶を捨てたのだと話す。

暴力を振るう父親を殺すために、母親がパーティーで毒物を使ったと気づいたのは事件からずっと後のことだったと話し玲子に謝る由美。

玲子は自分が無実の父・式根を恨んで来た長い時間を前に呆然とする。

そして始まった再審請求審の日。すでに亡くなった母親の代わりに証言台に立った由美が、式根の無実を訴える証言をする。

拓は式根と玲子の中では事件は風化せず、ずっと苦しみ続けていると話し、過去の判例に囚われず真実に即した決定が下されるようにと裁判官に訴える。

しかし数日後。拓たちの元に届いたのは再審請求棄却の通知だった……。一同は、「明らかな証拠を新たに発見したと認定できない」という裁判所の通知に愕然とする。

そんな中、拘置所の接見室には式根に会いに来た玲子の姿が。冤罪被害によって絆を断たれた父と娘は、アクリル越しに悲しい再会を果たす。

そして拓は、今回も過去の判例を覆さなかった裁判所に向け、静かに挑むような視線を向けていた……。

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』8話の見逃し配信動画を無料視聴する方法

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の見逃し配信はHuluがオススメ!

Huluは人気映画やドラマ50,000本が見放題のオンライン動画配信サービス。

トライアル中の2週間は、全ての作品を無料で楽しめます。

Huluは海外ドラマに強い & シンプルなプランで分かりやすい

国内・海外ドラマはHuluが強い!
月額933円で登録作品が全て見放題!
  • 50,000本以上の作品が見放
  • シンプル操作で初心者も迷わない
  • 日テレ作品数は業界No.1
  • 14日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

 

よめ
14日の無料キャンペーン中に解約すれば0円で利用できるので、ぜひ試して見てくださいね!!
注意
紹介している番組は2019年2月の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はHuluホームページにてご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう