僕はふと結婚のコストパフォーマンスについて考えたことがあります。ホリエモンの本にも家族や家を持つと1億円以上の費用がかかると紹介されています。

 

 

これを見ると、結婚すると金がかかるな〜と思うかもしれませんが、はっきり言うと、僕は結婚できて最高だと思っています。

 

 

僕は結婚して世界が変わりました。結婚して何が変わって何をどう感じるのか感想を本音で書きました。こんな人にぜひ読んでもらいたいです。

・結婚を合理的に考えたい人
・結婚のメリットを知りたい人
・結婚して幸せに生きたい人
嫁が僕のどこが好きか記事を書いています。気になる方はこちらもチェック。

男性が結婚するべき5つのメリット

おかえり〜・ただいま〜のちょっとした会話が元気の源になる

リラックスするイメージ

 

僕は結婚するまで、いつも会社の上司や仲間と居酒屋ではしゃいで家に帰るのは12時を回ることがほとんどでした。

 

家に帰って、シーンとした中、電気を「パチッ」とボタンを押して部屋が明るくなる。部屋に誰も居ない中、テレビやクーラーをつけて、冷蔵庫をパタパタする。

 

とりあえず、意味もなくパソコンの電源をつけて、「ウイーン」と起動する音を聞きながら、テレビ・スマホを見る。

 

そんな寝る前の30分〜1時間の生活を送っていました。寂しいとか、辛い気持ちは一切なかったのです。

 

しかし、結婚すると、夜8時に帰宅すれば「おかえりなさい!」と声をかけてくれ、朝6時に家を出る時は、「言ってらっしゃい!チュ!」 と見送ってくれる生活を続けると

 

なるほど!これはいいぞ!なんか笑顔になる!と楽しさを実感するようになりました。

 

部屋に誰かがいるだけで、明るくなりました。

 

僕自身、結婚して初めてこの感覚を味わったので、別に友達多いし寂しくないよ!という人には分からない感覚だと思いますが、これ、結構くせになります。

 

忙しい人ほど、【おかえり!言ってらっしゃい!チュ!】をぜひ実践してもらいたいと思います。1日の疲れが一気に取れますよ。

ご飯が美味くなる

美味しいご飯のイメージ

我が家では、圧倒的に飯が美味くなりました。

 

元々、僕がほとんど外食(居酒屋ばっかり)中心の生活だったので、嫁の手料理は僕の胃袋を確実につかみました。

 

毎回、【美味い!!旨い!!上手い!】の連続でした。

 

  • 好きな人が作ってくれる料理
  • 僕と嫁の料理に対する好みが似ている
  • 2人で食べる料理
  • 実際、飯がうまい!

 

となると、必然的に料理が楽しみになりました。

 

1人で食べる料理より2人で食べたほうが絶対に美味しいです。家でコンビニ弁当を電子レンジで温めていた頃に比べると、格段に飯が美味いです。

 

それは、結婚して5年経つ今も同じです。

 

大体、嫁は僕の好みを把握していますし、最近は「麹」を使った料理を中心に健康管理していくれているので、外食より美味しい料理を食べています。料理が上手なお嫁さんと結婚できた僕は最高に幸せです。

辛いときでも頑張れる

頑張る人のイメージ

 

辛い・・・と思った時、1人だと諦めてしまうことも、嫁や子供がいると、頑張れるようになります。

 

それは、プライベートでも仕事でも良い意味で働いています。

 

例えば、仕事中、僕はこんなことを考えていました。

 

  • この仕事は30分で絶対にやり切るぞ!
  • 嫁がご飯作って待ってくれてるから、速攻でMT終わらせよう。
  • 今度の休みはどこ行こう?
  • 早く家帰って嫁とイチャイチャしてー

 

嫁Loveなので、どうすれば早く家に帰れるか?ばかり考えていました。

 

以前なら、

  • 今日は誰とどこの居酒屋行こうかな?
  • 今週末、ゴルフいきたいな〜
  • 今日は徹夜で居残りだな・・

 

と、自分1人なので、完全にマイワールドでした。何時までに帰る!と決めると、仕事の効率が一気に上がります。

 

嫁の料理が美味しいので、早く帰りたい欲求は相当強かったです。

 

結婚して仕事もメリハリがつくようになり、一部の先輩からは【最近、付き合いが悪くなったな〜笑】

とからかわれる事がありましたが、【よ、嫁が怖くて・・・】と本音と建前を使い分けながら回避していました。

 

家に帰りにくい雰囲気の方は、ぜひ使ってみてください。会社内で、勝手に嫁を「鬼嫁」に仕立て上げましょう。

 

怖い嫁のイメージ

 

飲み会に誘われても、「嫁が・・・」「当日はNGなんです」と断り続ければ、自然と帰りやすくなります。

 

我が家の妻も会社では鬼嫁で通っていたので、スムーズに帰社できていました。実際の嫁は・・・皆様の想像にお任せします。

2人で働けばダブルインカムになる

2人で働くイメージ

結婚=金が掛かるのイメージは多いと思います。

 

僕の場合、嫁は結婚して仕事をやめましたが、アルバイトで年100万ほど稼いでいました。

 

正社員で夫婦働き続ければ、年収1,000万も超えることは可能なので、結婚してもお互い働き続ければ、お金はみるみる溜まります。

 

特に家賃や光熱費は1つの部屋で住む事で大幅に節約できます。保険や携帯だって、夫婦割引など使えますしね。

 

結婚式=300万とかイメージは捨てて下さい。

 

今はいろんな方法があります。我が家では家族しか呼んでいないので、合計70万ほどで済んでいます。今はネットが発達して在宅ワークも十分可能です。

 

結婚=奥様が仕事を辞めるイメージが強いですが、働き方は変わってきているので、お互い話し合って解決していきましょう。

子供を期待できること

子供達が楽しむイメージ

 

自分の子供を持ちたいと思っていたので、妊娠が分かった時はとっても嬉しかったです。子供は自分の分身ですからね。そりゃ嬉しいです。

 

ここまで良いことばっかり書いて来ました。本当に良い事だけ?と疑う人もいると思うので、本音でデメリットも書いていきます。

男性が結婚する5つのデメリット

1人の時間が短くなる

1人の時間を楽しむイメージ

当たり前ですが、趣味やプライベートの時間がぐっと減ります。

 

ゴルフや車、ギャンブルなど奥様と趣味が合えばいいのですが、休みの日に1人でどこかへ出かけてばかりいると・・・

 

なので、極力趣味が合う奥様と結婚できればいいですね!僕の趣味は奥さんと一緒にいることなので、別に何をしてても楽しいです。一緒にいるだけで、むっちゃ楽しいです。

 

結婚までは、付き合いで月3〜4回はゴルフ三昧でしたが、一切なくなりました。=月4万以上の節約です。

 

趣味=嫁といることは究極の贅沢かもしれませんね。

金が掛かる

お金が掛かるイメージ

そりゃ外食とか食費とか一人暮らしに比べるとお金がかかります!

 

あとは衣服代とか家賃や光熱費。でも、それって、奥様が働いていれば全く問題ないし、働いていなくても、一緒に住んでご飯も作ってくれてるんだから、妥当だと思うんですよね。

 

アウトソーシングできるものは、全てアウトソーシングすべきだ!って考えもありますが、それだと一生結婚できないですよね。

 

だって、料理や掃除もアウトソーシングできますしね。ホリエモンが分かりやすい例です。

 

やりたいことが多い人は、結婚すると自分の時間も少なくなるし、金もかかるしで、良いことないですねw

 

ただ、僕は、一生1人で生きていけるほど強くないですし、まず、結婚して、楽しい!と真剣に思えているので問題ないです。

 

女性は30歳超えると、体力的にも子供を産むことにリスクを感じるので、男性みたいに「結婚はいつでもいいや」と待っていられません。

 

男性が30代後半で、遊びつくして、そろそろ結婚しようかな・・と思って周りを見ても、理想の女性は大体結婚しています。そんな老後を迎えたくない・・・と思う方は真剣に結婚を考えるのも手かもしれませんね。

仕事に支障が出ることがある

仕事に支障がでることがあるイメージ

 

  • 仕事で帰宅が遅くなる
  • 休日出勤
  • 自腹で接待

 

など、仕事をしていると、どうしても発生するお金の問題。日頃の会話がしっかりできていないと、【また、仕事? 家族サービスが少ないんじゃない?】

 

と言われかねません。俺は家族の為に仕事してるのに・・と思っても、口に出した瞬間ゲームオーバーです。

 

それに耐える&そうならない様、日頃から家族と会話することが大切です。

 

僕の場合、嫁=鬼嫁に会社や取引先のお客様にまでイメージキャラクターを作り上げたので、結婚してからは無茶振りは減りました。

 

仕事に支障が出ない様、事前に根回ししておけば、結婚して感じる3つのデメリットは簡単に回避できます。

まとめ

こう考えると、結婚にはメリットしかないのかな?と感じる今日この頃です。

 

毎日真剣に喧嘩ばかりですが、それでも結婚して良かったと感じます。それは、毎日が楽しいから。結婚なんて・・と思っている男性にこの記事が届きます様に!

 

嫁に関する記事はこちらにも記載しています。

関連広告

Twitterでフォローしよう