読み終わる目安 : 約5分
赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

モデルハウス宿泊体験 持ち家派? 借家派? 注意すべき3つのポイント

モデルハウスとは?

 

そもそもモデルハウスの目的について考えます。

モデルハウスとは、ハウスメーカーが販売促進やPRのために住宅展示場などに建てる自社製品(住宅)のこと。

住宅展示場や分譲地内に建てた住宅をモデルハウスマンションなどの集合住宅では「モデルルームと呼ぶケースが多いです。

 

モデルハウスは、単に「住まいのイメージ」を体験できるだけでなく、建設するハウスメーカーについても比較できます。

ハウスメーカーの担当者に直接質問もできるので、住宅購入を真剣に検討している人には購入意欲が沸いてくる場所と言えるでしょう。

モデルハウス宿泊体験について

最初に僕の立ち位置ですが、住宅購入に対して否定的な人間です。

「夢のマイホーム」というのは、国が作り出したセールストークで、住宅=負の遺産として考えています。

毎月支払う住宅ローンの手数料、税金、維持費など、住宅を購入費用は莫大です。

 

そんな性格だったため、今まで住宅展示場やモデルハウスは人生で一度も訪問したことがなかったのですが、仕事上のお付き合いで訪問せざる得ないことになりました。

自らモデルハウスに興味が持ったわけではなく、たまたまそんな機会に巡り合ったことがきっかけです。流れはこんな感じでした。

こめ
まあ仕事だし、しゃーないか・・・

建築士さん
いらっしゃいませ! ~省略~ 今日はリラックスして楽しんでくださいね♪

 

と、建築士さんと一通りの挨拶を済ませ、早速モデルハウスの見学です。

僕は、玄関に入った瞬間「あ、木の香りがする!」と心の中で叫んでいました。

今まで住宅購入なんて一切考えていなかった僕が「え?ナニコレ?最新のトイレ?」

 

 

モデルハウス宿泊体験

 

「ご飯できたわよ~」っていう場合はこんな感じかな? とキッチンに立ってみたり。冷蔵庫を置く場所、洗濯機を置く場所考えたり。テレビをつけたり、消したりして音のチェックをしたり。

 

モデルハウス宿泊体験

 

水回りを確認したり。。。と色々確認しているとあっという間に見学会が終了してしまいました。もう1時間経ったのか。早かったな~が正直な感想。

 

なにこれ、むっちゃ楽しい!

 

モデルハウス宿泊体験

こめ
もう1時間! 早いですね~。まだ全然見切れてないです。

 

建築士さん
皆さんそうおっしゃるんですよ〜

と建築士さんと話していると、

建築士さん
同じタイプのモデルハウスが近くにあるので、体験宿泊してみます?

と向こうから提案が。おやおや? 早速営業でしょうか?モデルホームの見学会で、本当にこの家いいなあと感じていたため、

こめ
凄くありがたいお話です。まだ、住宅購入なんて一切考えていないのですが、それでもいいんですか?
と確認したところ、

建築士さん
もちろんです。見学会だと時間が限られており、お伝え出来ない部分が多いんです。ですので、少しでもご興味がある方には、泊まって頂くことをお勧めしているんです。

短い見学会では、お家の雰囲気やキッチンなどの設備の良さはわかっても、実際の住み心地の良さまでは分かりません。

こめ
家族と一緒に来てもいいですか? ・・・あと、お金ってかかるんですか?

建築士さん
費用は無料です是非、ご家族の皆さんと一緒にいらして下さい。

 

無料?家族で泊まっていい?? 2つ返事で

こめ
お願いします

そんな流れでモデルハウスに宿泊することになりました。この時点では、モデルハウスに泊まることがこんなに楽しいとは知る由もなかったのです。

モデルハウス宿泊体験の流れ

 

さて、嫁さんとモデルハウスに宿泊する日がやってきました。スケジュールはこんな感じです。

check in:当日18時
free:19時~ 完全フリーです。
check out:翌朝9時

訪問したのはこんな感じの家。

 

モデルハウス宿泊体験

モデルハウスに到着した瞬間、嫁さんのテンション↑↑です。

木の香りがするね~ここは掃除がしにくいかな~?凄く静かだね!キッチンはいい感じだね。IHしか無いのか~。

ガスコンロが欲しいかなと想定通りの会話。こんな特徴のモデルホームですから。

モデルハウス宿泊体験

 

こんなリビングルームに住めたらな~・・

 

モデルハウス宿泊体験

 

と嫁さんと夜な夜な話していました。

一生涯で一番大きな買い物、それがマイホームの購入です。だからこそ、慎重になるのは当然です。家を建ててから「こんなはずじゃなかった!」となっては大問題になるので、実際に住み心地を体感できたことは非常にプラスになりました。

キッチン
調理用パスタが準備されていました。 実際に調理してみて、調理機器・換気扇・食器洗いなどのキッチンの使い勝手、住み心地を体感することができました。
トイレ・浴室
水が通っているので、実生活を身近に体感できます。 夏は暑いかな? 冬の夜中のトイレは寒いよね・・この家どうかな? お風呂も出たとき寒いよね。
リビング・子供部屋
家族が集まるスペース。何を置こうかな?夜テレビの音が大きすぎるとご近所迷惑かな? お昼は嫁さんがお友達を呼んで女子会でも開けるんじゃない?

まとめ

メーカーが違えば家の作りも変わってきます。本気でマイホーム購入を考えている人は、ぜひ計画の参考にして欲しいと思います。

まとめ
宿泊する事で実際の住み心地の良さを体験出来る。
分譲敷地に建てられているモデルハウスはそのまま安く購入する事が可能。
・家族で宿泊する事でより真剣に住宅購入を考えるようになる。

モデルハウス宿泊体験 持ち家派? 借家派? 注意すべき3つのポイント

関連広告

Twitterでフォローしよう