いつか、眠りにつく日

2019年3月から「いつか、眠りにつく日」が始まります。

メインキャスト大友花恋、甲斐翔真、小関裕太、喜多乃愛の4名。

ドラマは、FODプレミアムで全話配信予定です。

現在、1ヶ月の無料体験キャンペーン中なので、全話視聴したい方はFODプレミアムからどうぞ。

FOD公式サイトに移ります

よめ
大友ちゃんの初主演ドラマ!楽しみ〜〜

ドラマ『いつか、眠りにつく日』のイントロダクション

高校2年生の森野蛍は、ある日修学旅行中に玉突き事故で命を落としてしまった。。。

かのように思われたが、死んだ蛍の目の前に現れたのは黒スーツの男だった!

彼(クロ)は、蛍のこの世に残した3つの未練を晴らしあの世に正しく案内するために来た案内人。

蛍の中で一番の未練は、大高蓮への5年間の片思いに何も出来なかったことであった。

そして、3つの未練を解消した後クロから告げられる衝撃の事実とは―?

よめ
予想外の大どんでん返しがあるかも…?!

ドラマ『いつか、眠りにつく日』の見所3点

    1. 伏線に次ぐ伏線
    2. 蛍の未練解消と後悔
    3. タイトルに込められた想い

    最後の結末に至るまでに、たくさんの伏線となる要素がストーリーのあちこちに散りばめられています。特に案内人の述べる“ルール”にも注目してみて下さい!

    蛍には3つの未練が残っていました。その1つ1つを解消していく中での心の声や葛藤、後悔には心に響くものがあります!

    そして、物語の最後に待つ選択とそれに対する蛍の出した結論を聞いた時、このタイトルの意味に気づくはずです。

    よめ
    詳細は原作で確認できます♪

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』の原作

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』は小説が元ネタになっています。

    FODだと最大1,300円分のポイントが貰えるので、マンガを無料で読めるので、事前予習にピッタリ!

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』のキャスト・スタッフプロフィール

    いつか眠りにつく日

    大友花恋〈森野蛍役〉

    出演履歴
    本人コメント
    この度『いつか、眠りにつく日』で森野蛍を演じさせていただくことになりました。連続ドラマ初主演の緊張もありますが、それ以上にこの素敵な作品に参加できる幸せでいっぱいです。
    原作から溢れるまっすぐな優しさを大切に、ドラマでも皆様を温かな感動で包めるよう、蛍として一生懸命過ごそうと思います。楽しみに待っていていただけると嬉しいです!

    小関裕太〈クロ役〉

    出演履歴

    甲斐翔真〈大高蓮役〉

    出演履歴

    喜多乃愛〈山本栞役〉

    View this post on Instagram

     

    ♥ ちょっと眩しそうな。 (*´つ_⊂`)

    喜多乃愛さん(@kitanoa_official)がシェアした投稿 -

    出演履歴

    スタッフ

    • 原作:「いつか、眠りにつく日」(いぬじゅん著)
    • 脚本:本山久美子
    • 企画・プロデュース:清水一幸
    • プロデューサー:渋谷未来・山本梨恵
    • 演出:宮脇亮
    • 制作協力:The icon

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』の主題歌・エンディング曲

    主題歌はLONGMANBeautiful World」です。

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』の公式 SNS

    公式HP

    専用の公式HPはありません。

    フジテレビの特設サイトはこちらです。

    公式Twitter

    公式Twitterはありません。

    公式Instagram

    インスタグラムはありませんでした。

    よめ
    ちょっと!もっと力入れなさいよ〜フジテレビさん!!

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』のあらすじ

    物語は、主人公の高校2年生・森野蛍が、中学時代から片思いの相手である大高蓮と親友の山本栞と共に、修学旅行の途中バスで事故に遭うことから始まります。

    蛍が目を覚ますと全身真っ黒な服を着た男(クロ)から「お前の案内人だ。森野蛍、よく聞け。お前は死んだんだ。」と告げられます。

    さらに、死んでから49日以内に3つの未練を解消しなければ地縛霊になってしまう。

    事故から1ヶ月も寝ていた蛍にはあと19日しか残されていないということを伝えられます。

    蛍は限られた時間の中で自分の心残りである3つの想いをクロと共に紡いでいきます。

    そして3つ目の未練を解消した最後にクロから思いもよらない事実を告げられます。

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』1話から最終話までの全話あらすじとネタバレ解説

    1話あらすじとネタバレ解説

     一人の少女が横たわっているシーンからドラマが始まります。少女の上にかざされた黒いカードには少女の名前「森野蛍」。

    その裏側には、意味深な「2002.05.052019.11.06」という期間が。そのカードを持つ黒マントの男が「あと19日しかない早く起きてくれ」と横たわる少女である蛍に声を掛けます。

    そこで場面が変わり、蛍と友達の山本栞、陸上部の大高蓮と3人で修学旅行の話をしながらじゃれ合います。帰り道、蛍は栞に「蓮が好きなんでしょう」と聞かれるが、「違うって、蓮とはただの友達」と返してしまいます。

    翌日、修学旅行の集合のため急いで家を出発する蛍。途中、橋の上で、黒マントの男とすれ違います。

    サービスエリアで、蛍はバスの隣席の子から頼まれたことを蓮に聞きます。「蓮は彼女いるの?」最初、蓮から「いるけど」と返事をされ蛍は驚きますが、あとで、「さっきの嘘だから」と蓮に言われます。

    同じくサービスエリアで、蛍と栞はお土産を見ながら会話をします。栞が黄色いてるてる坊主をお揃いにしようと言いますが、蛍は上の空。栞は、「結局、蛍は私のこと親友って思ってないでしょ、大切なことは相談してくれない。私、もう、蛍の友達やめようかな。」と言われてしまいます。蛍は「意味わかんない。栞がそうしたいならそうすれば。」と言ってしまいます。その言葉に驚く栞、栞は何も言わず蛍から離れていきます。

    サービスエリアでの蛍の行動に合わせ、黒マントの男が陰から見守っているかのように登場します。

    夜のバス運行となり、他のメンバーが寝てしまった中、蛍と蓮が転がったみかんのことで会話をします。その直ぐ後、バスに衝撃が走り「え?」一瞬景色が逆戻り、場面が途切れます。

    突然場面が変わり、蛍の部屋。蛍は自分のベッドに横たわり、黒マントの男がのぞき込みます。びっくりした蛍に「俺はお前の案内人だ」と声を掛けます。蛍は慌てて母親のもとへ、しかし、母をすり抜けてしまいます。

    蛍は、黒マントの男から、自分が既に死んでいること。死んでから1か月が経っていること、修学旅行初日にバス事故に巻き込まれたことを聞きます。そして、黒マントの男から、「お前には成仏してもらわなければならない。」と言われます。

    蛍は、黒マントの男について家を出ます。途中で修学旅行のメンバーで死んだのは蛍一人だと聞かされます。蛍は、黒マントの男を「クロ」と名前を付け、クロから4つのことを聞かされます。

    1. 死者(蛍)は、3つの未練を解消しない限り、成仏できない
    2. 案内人(蓮)は、未練を持つ相手の、名前のみを告げる
    3. 未練を解消するときのみ相手の前に姿を現わすことができる(その後、相手の記憶は消去される)
    4. 未練の解消期間は49日間。50日目には、この世に縛られ、地縛霊となってしまう

    そして、蛍は事故後、寝ていたせいで、未練解消の期間があと19日しかないことを聞かされます。

    クロから一人目の相手は、蛍のおばあちゃん福嶋タキと告げられます。蛍は、おばあちゃんの入院している病院を訪ね、病院中を探し回りますが、タキの姿が見つからない。

    病院の屋上を探す蛍の前に、竹本トシという人物があらわれ、声を掛けられます。死んでしまっているせいで、他の人とは会話できないのに、なぜかトシとは会話ができます。

    そんなトシからおばあちゃんのタキが死んでしまったこと、案内人のクロについて「怪しいわね、偽物ではないかしら?」と告げられる。しかし、蛍は気が付いていないが、蛍を触るトシの手からは黒いモヤがにじみ出す…。

    場面が変わり、クロは酸素マスクをつける女の子のベッド傍にたたずむ。女の子は誰かわからないまま、第1話が終了となります。

    関連記事:いつか、眠りにつく日 l 1話の見所3点 (3/12放送)

    2話あらすじとネタバレ解説

    地縛霊の竹本トシを退治

    おばあちゃんを探しに病院へ来た蛍は、竹本トシというおばあちゃんに「クロ」は怪しいよ、地縛霊じゃないの?」と言われます。

    でも、竹本から「蛍ちゃんって、人間のいい匂がするわね。」との言葉を聞き、えっ?という顔をしたところで、クロが登場。

    「蛍、離れろ!」クロに竹本は地縛霊だと言われた瞬間、竹本の顔が怪しげに変貌、そこで蛍が倒れます。

    クロに背負われ目をさます蛍。クロは地縛霊を退治していた。タキおばあちゃんは退院して自宅にいることを蛍に告げます。安心した蛍は、クロに背負われたまま寝てしまう。

    おばあちゃんの優しさと一つ目の未練解消

    クロ借用のモデルルームの一部屋で蛍が目覚めます。

    そこで、10日も眠り続けていたこと、未練解消の期間があと9日しかないことを告げられます。

    トシおばあちゃんに会いに、おばあちゃんの家へ蛍とクロが訪ねます。やっとおばあちゃん会えて、抱き合う二人。おばあちゃんから「蛍ちゃんは、自分を大事にしてほしい。」と言われます。

    蛍が小さい頃の親戚が集まった様子が回想されます。大好きな稲荷ずし、でも他の子が欲しいというので、最後の一つを譲ってしまう子供の蛍。

    それに気づいたおばあちゃんは後で、蛍に稲荷ずしを出します。子供の蛍はおいしいと言いながら泣き出してしまいます。

    「蛍ちゃんは、いつも優しすぎて泣いている子だった。おばあちゃんは蛍ちゃんには笑顔でいてほしい。」と言われます。

    そして、おばあちゃんの大切な手鏡をもらってほしいと言って差し出されます。蛍は、鏡に自分を映そうとするが、幽霊となっている自分は鏡に映らない…。

    でも、おばあちゃんの希望を聞き入れ、その手鏡をもらう蛍。最後に「もっと自分を大事にするって約束して。」と言われ、おばあちゃんと指切りげんまんの約束をし、二人は光に包まれます。

    地縛霊の圭子との出会い

    はっと目が覚めたとき、モデルルームに戻っていました。

    クロが「福嶋タキとの未練は解消された。次の相手は…」と淡々と説明します。クロの話に寂しくなった蛍は、家に帰ると言い、止めるクロを振り払い、家に向かいます。

    途中、蛍は、元高校で蓮の走る姿を見ていていました。そのとき、他の制服を着た女子生徒の幽霊に声を掛けられます。その子は、走っている蓮を見て「恋人?」と蛍に聞きますが、蛍は「友達」と答えます。

    蛍が蓮との昔の遣り取りを思い出していたとき、ふと、蓮がこちらに向かって走ってきます。びっくりした蛍は、慌てて逃げ出します。

    蛍と幽霊の女の子は、川辺へ行き、今度は女の子の話を聞きます。

    その子は20年前の七夕の日、短冊を拾おうとして川で亡くなった地縛霊で、短冊に書いた願い事がわからず、彷徨っていました。ふと、蛍は生前に栞から聞いた「七夕の圭子ちゃん」の話を思い出し、短冊には何と書いてあったか地縛霊の圭子に告げようとします。

    そこへクロがあらわれ、地縛霊の圭子が竹本の時ように蛍に危害を加えると思い、圭子を蛍から遠ざけようとします。しかし、蛍は友達になった圭子を守ろうとします。

    関連記事:いつか、眠りにつく日 l 2話の見所3点 (3/19放送)

    3話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    4話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    5話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    6話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    7話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    8話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    9話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    10話あらすじとネタバレ解説

    放送終了後に情報をアップします^^

    ドラマ『いつか、眠りにつく日』の見逃し動画はFODがおすすめ!

    『いつか、眠りにつく日』全話無料動画視聴ならFODプレミアムがオススメ!

    無料トライアル中も、正規会員と同じサービスを受けられます!

    FODプレミアム
    FODプレミアム
    月額888円で動画・雑誌が読み放題!
    • 20,000本以上の動画が見放題
    • マンガ品揃えは国内最大級
    • フジ系の作品数は業界No.1
    • 無料体験で最大1,300ptプレゼント!
    • 30日間無料トライアルだけのお試しもOK!!

    よめ
    1ヶ月間の無料体験はとってもお得ですっ!

    こめ
    最新の配信状況は、公式HPで確認して下さいね!
    関連広告

    Twitterでフォローしよう