ブログを始めて3ヶ月が経ち、SEO対策に興味が出てきました。

 

ブログを始めた当初、SEO??? なんの略でしょうか?まずは1日1記事書きます!と目もくれず100記事を書き続けて来ました。

 

100記事を超えたある日、ふと有名なブロガーさんがつぶやいていた内容を思い出しました。

 

 

当時は、nofollow? なんのこと?友達居ない人??ぐらいの感覚でした、調べれば調べるほど、

 

  • こんなことでいいのか!
  • 知らなくて損した・・・

 

と驚きの連続でした。

 

ブログを始めたばかりの人でも分かるように、イラストをつけて説明しますので、ワードプレスを利用されている方はぜひ設定してくださいね。無料ですし、絶対に設定した方がいいことだらけです。

 

では、早速行ってみよう。

 

この記事で伝えたいこと
Nofollowの大切さ
Nofollowの設定方法
便利なプラグイン紹介

nofollow設定方法:そもそもブログ初心者なので意味がわかりません!

nofollowの使い方

nofollow は、メタタグの一種で、「このページにある全てのリンクをたどらない」または、「ある一つのリンクをたどらない」ようにクローラーに指示するときに使う。これを使うことで、リンク先のサイトに SEO 効果が移らないようになる。

 

この文章だと、ブログ歴3ヶ月の僕には分かりません。。。勉強不足です(涙)

 

恐らくブログ開始から半年ほど、又は理系出身者の方はすぐにピンと来るのでしょうが。。。

 

googleクローラーを理解する

Google bot(クローラー)とは何か?その役割と対処法

 

googleクローラーは新しい記事を見つけると、サイト内を循環します。

 

googleは有料リンクやアフィリエイトリンクに関してはnofollowの設定を推奨しているので、googleクローラーがnofollow外部リンクを発見した場合、あなたのサイト評価が落ちる可能性があります。

 

有料リンク
有料リンクとは、金銭を対価として売買されるバックリンクのことである。ペインドリンクは、もっぱらSEO上の被リンク獲得を目的として行われる。ただし、ペイドリンクは自然な評価に基づいた被リンク獲得でははないという観点もあり、Googleなどの一部の検索エンジンではペイドリンクに対してSEO上好ましくないという解釈を表明している。

wblio辞書から引用

Googleのガイドラインにはも明記されています。

有料リンク: Google の検索結果のサイト ランキングでは、有料サイトにリンクするサイトについての分析結果も一部考慮されています。有料リンクによって検索結果に影響が生じたりユーザーに悪影響が及んだりしないように、ウェブマスターは有料リンクに nofollow を使用することをおすすめします。検索エンジン ガイドラインでは、有料リンクであることをコンピュータで識別できる必要があるとしています。これは、ウェブ上かどうかを問わずユーザーが金銭関係の有無を知りたいのと同じです(新聞の一面広告に「広告」という見出しが付けられているなど)。

Googleガイドラインから引用

ですので、ブログを始めたばかりの方も『有料リンクやアフィリエイトリンク』はnofollowの設定をしておいたほうが好ましいと言えるのです。

 

nofollow設定方法:具体的な設定方法

Step 1 google chromeの拡張機能をダウンロード

 

まず、すでにワードプレスを始めている人は、google chrome の拡張機能『nofollow』を利用しましょう。(もちろん無料です。)

 

 

ダウンロードすれば、右上にクサリのマークが表示されます。

 

 

また、右下にこのようなボタンが自動で表示されるようになれば設定完了です。

 

 

これでStep1は終了。

 

これで、nofollowが設定された外部リンクは赤い点線で囲まれるようになります。

 

 

上のリンクはnofollow設定完了済みですが、下のバナーはまだnofollowの設定ができていません。

 

Step2 外部リンクごとにnofollowを設定する

 

外部リンクをnofollow設定するには、テキスト画面で、URLの後ろに『” rel=”nofollow”』を入力するだけ。

 

こんな感じです。

 

<a href=”リンク先ページのURL” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

 

ビジュアルはこうなってますが、テキスト画面だと。。

 

 

 

こうなっているので、『" rel="nofollow"』に変更し直します。

 

 

 

ちゃんとURLの後ろが設定されています。完了すると・・・

 

これで、2つともnofollow設定完了です。

 

 

ちなみに、テキスト入力が苦手な方は、このように設定することでも外部リンクを『nofollow』化できますので、好きなほうを選んでください。

nofollow設定方法:個別設定めんどくさくない?便利なプラグインを紹介!

 

これで、外部リンクのnofollow化は完了ですが、外部リンクをたくさん設定している場合、個別対応が必要で、めんどくさいですよね。

 

僕も一つづつ設定はめんどうだったので、無料プラグインを導入しました。

 

それが、『external links』

 

Step1:プラグインをダウンロードしてください。

Step2 管理画面からexternal linkを開き、各種設定する

 

nofollowを選択し、その下の4つのチェックボックスをクリックしてください。

 

設定は以上です。

 

Step 3 記事を開いて画面を確認する

 

これで、外部リンクは全て自動でnofollow設定が行われました。

 

過去の記事を見ても、ちゃんとnofollowは赤い枠で囲まれるようになりました。

 

 

Rinkerで作成した商品紹介もばっちりnofollow化完了です。

 

 

ちなみに、内部リンク(自分の過去の記事をリンク先に貼る場合など)は対象外になっていますので、安心してください。

 

以上で、nofollowの対応は終了です。

 

あまり神経質になる必要はありませんが、googleさんからペナルティーを食らってから「あの時対応しておけばよかった・・・」とならないよう、早めに対応しておきましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連広告

Twitterでフォローしよう