読み終わる目安 : 約3分
赤いマーカー=知っておくと良いポイント
青いマーカー=覚えたほうがいい重要な点

kome3
どうも!こめさん(@kome3_work)です!

 

仮想通貨って何種類あるんだ?

 

そもそも何故価値が生まれるんだ?

 

そう思った事ありませんか?

 

今日は仮想通貨の種類、その歴史について記事にしたいと思います。

仮想通貨の数は1,600種類以上

 

まず最初に、あなたは下の仮想通貨の名前をいくつ答えられますか?

 

 

う〜ん、難しいですよね。

 

個人的な意見ですが、18種類のうち6種類以上答えた人は仮想通貨に相当興味がある人だと思います。

 

6種類も分からない!というあなたも大丈夫。

 

例えば、世界では180種類の通貨が利用されていますが、パッと通貨の種類を聞かれて6種類以上答えられる人はとっても少ないと思います。

 

関連記事⇨世界のお金の種類は180種類以上!

 

kome3
円・ドル・ユーロ・・・・

 

即答と言われると難しいですよね。

 

仮想通貨は身近ではないので、尚更答えられなくて当たり前です♫

 

仮想通貨は目的に応じて国や政府や大銀行といったあらゆる権力に縛られず、自由で、民主的で、誰にも独占されない、最高にクールなコインを目指し続けてきました。

 

送金スピードを重視した仮想通貨。ゲームに特化した仮想通貨。匿名性を意識した仮想通貨など、目的に応じて種類が膨れ上がり、現在では1,600を超えるまでに増加しました。

 

kome3
仮想通貨って誕生してからまだ10年以内だよね?凄い速度で成長してるんだね!

 

 

そう、凄い成長速度なんです。

仮想通貨に価値が生まれる理由

 

ビットコインを例に考えてみます。

 

仮想通貨の代名詞であるビットコイン(BTC)が誕生したのは2008年10月です。 詳しくはビットコイン(BTC)の歴史に記載。

 

当時は誰もビットコインを相手にせず、どうせすぐ潰れるだろう。買うのは損だ。として価値に値段が付く事がありませんでした。

 

2009年に始まった取引でも1BTC=0.07円という価格でした。

 

2010年には、ビットコインの将来性に気付いた人達が、主にプログラマー達がビットコインをより普及させようと努力し始めます。

 

ビットコインの魅力
特定の国に依存せず、目的に応じて国や政府や大銀行といったあらゆる権力に縛られず、自由で、民主的で、誰にも独占されない通貨

 

ビットコインはこんな事ができて、将来こんな風に世界を変える事ができて・・・

 

アンバサダーの努力の甲斐あって、ビットコインの魅力は世界で支持者を増やし始めます。

 

しかし、当時ビットコインを手にする事ができたのは、プログラマーに限定されていました。

 

その為、プログラミング技術、知識が無い人達はビットコインを入手する事ができなかったのです。

 

どんなにビットコインが魅力的であっても、利用できる人達がプログラマーに限定されると、その価値は普及せず、価値に値段が付く事はありません。

 

その為、ビットコインを広めたい人達は、プログラミング知識が無い人でもビットコインを購入できるよう、「取引所」を開設するようになります。

 

取引所ができた事によって、特定の知識がない人達でもお金を払えば購入できるようになります。

 

そして、日本では2017年に仮想通貨に特化した取引所が多く開設され、一気に人気に火が付くのです。

 

価値に値段が生まれた瞬間でした。

 

仮想通貨に値段がつく理由

 

仮想通貨は電子データであり現物はありません。

 

その為、ある日突然無価値になる可能性も大いにあります。

 

それって怖くないの? と疑問に思った事があるでしょう。

 

仮想通貨に値段がつく意外と簡単です。

 

怖いと思う人が多いと需要が少なくなり値段が下がります。

 

逆に、ビットコインの技術と可能性を信じる! という人が多ければ、需要が増えるため値段は上がります。

 

みんなが仮想通貨の価値を信じれば価値に値段が生まれる。

 

将来有望だ!と思われれば価値が上がる株と仮想通貨は似ているんですね。

 

次回は仮想通貨を始める際、注意すべき2つのリスクについて記事にしたいと思います。

関連広告

Twitterでフォローしよう