oculus-go

昨今、巷でもVRが話題になり始め、VRに興味を持つ方も増えてきたと思います。ですが、実際にVRを試してみたくても、どこから手を付けたらいいのか中々分からないですよね。

VRというと、機材を揃えるのにお金がかかったり、操作が複雑といった印象があるかもしれませんが、初めてVRを試すのであれば「Oculus Go」というVRヘッドセットがオススメです。

Oculus Goとは、いわゆるワイヤレスの「一体型VRデバイス」で、価格も比較的安くて操作も簡単なので、VR初心者の方でも簡単に使えます。

今回は、Oculus Goについて簡単にご紹介すると共に、それを使って何が出来るのか、筆者の体験談も交えながらご説明します。(写真は筆者所有のoculusgoです)

Oculus Goとは?

まず最初に、Oculus Goとはどんなデバイスなのか、またスペックや価格についてお伝えします。

Oculusの一体型VRヘッドセット

VR初心者にも最適

Oculus Goとは、2018年5月にOculusという米国の会社から発売されたVRヘッドセットです。

見た目はスッキリとした印象で、シルバーの筐体がスタイリッシュです。コンテンツ操作用のコントローラーが付属し、ケーブルや周辺機器などは必要なく、VRヘッドセット単体で動作します。

Oculusとは、一般ユーザーでも使える史上初の家庭用VRヘッドセット「Oculus Rift」を開発したことで有名ですが、Oculus Riftは価格が4万5,000円と割と高く、また動作にはハイスペックのPCが必要になるため、導入費用が高くつくという難点があります。

そこで、より多くの人が手軽に使えるVRデバイスとして開発されたのが、Oculus Goです。PCもケーブルも必要ないので、Oculus Riftよりも手に入れやすく、操作も簡単です。

スペック

続いて、Oculus Goのスペックについて見てみましょう。

VRヘッドセットのスペックを説明する時、必ず出てくる単語が「視野角」と「解像度」です。少し専門的な話になりますが、できるだけ分かりやすくご説明します。

視野角とは、ディスプレイの広さを指す言葉で、視野角が広いほど、VRヘッドセットを着けた時の視界が裸眼のそれに近くなります。

 

Oculus Goの視野角は110度ですが、これはOculus Riftと同じで、現在様々なメーカーから発売されているVRヘッドセットの視野角は、ほぼ共通して100~110度程度です。

また、解像度とはディスプレイに表示できる映像の綺麗さを指しますが、Oculus Goは現行のOculus製品の中で最も高い解像度を有しています。

具体的には、Oculus Goのディスプレイは片目1,280 x 1,440の映像を表示できますが、この数字だけでは何のことなのかよく分かりませんよね。ですが、Oculus Riftの解像度が1,080 x 1,440であることを考えると、その差が分かると思います。

実際、筆者はOculus Goを何度も使っていますが、これまでに視野角や映像の質に不満を感じたことはなく、4K画質の動画も綺麗に再生できるので、VRのヘビーユーザーでも満足できるスペックだと思います。

価格、購入方法

Oculus
¥24,624 (2019/04/23 13:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

そんなOculus Goの価格ですが、内蔵ストレージの容量に応じて2種類から選べます。

それぞれ、32GBモデルが23,800円、64GBモデルが29,800円ですが、PCVRヘッドセットの価格は平均して4~8万円程度なので、比較的安価と言えます。

購入はOculusの公式サイトから直接購入できますが、英語のみに対応しており、また海外からの発送になるため、送料は無料ですが到着に1週間程度かかります。

その他、アマゾンや楽天からも購入可能で、これらのサイトでは日本語もOKで、また到着日数も短く済みます。

Oculus Goの特徴

ここからは、Oculus Goを使って実際に何ができるのか、また一体型VRデバイスならではのメリットについてご説明します。

一体型ならではの使い道

どこへでも持ち運べる

Oculus GoはワイヤレスのVRデバイスなので、カバンに入れて持ち運べます。

例えば、ネットカフェや電車、飛行機の中など、時と場所を選ばずに使えるので、出張先や旅行時などに一緒に持っていくことができます。

ちなみに、筆者個人が気に入っている使い方は、ネットカフェにOculus Goを持ち込んで、個室の静かな環境で、Netflixでお気に入りの映画やアニメを視ることです。

VR内の大画面という、映画館とほぼ同じ環境で好きなコンテンツを何度でも鑑賞できるので、オススメです。

VRの大画面で映画鑑賞

Oculus Go向けにリリースされている様々なアプリの中でも、動画視聴アプリは特に重宝します。

現在、NetflixやYouTubeなどの動画配信アプリがOculus Goに対応しており、アプリは無料でダウンロードできます。

いったん「VR視聴」に慣れてしまうと、もうPCなどのスクリーンで映画を視る気は起きなくなってしまい、現在では筆者のOculus Goは、ほぼNetflix専用視聴機と化しています。

もしNetflixにまだ加入していない方であれば、Oculus Goの購入時に併せてNetflixに加入しておくのがオススメです。

ゲームやVRライブも

また、動画視聴の他にも、Oculus Go向けのゲームやアプリ、音楽プレイヤーなどの様々なアプリがリリースされています。

また昨今では、音楽活動を行うバーチャルYouTuberが、VR空間で行うライブ、通称「VRライブ」を開催する機会が増えています。

「VARK」などのライブ配信用アプリをインストールすれば、VRヘッドセットを被るだけで、リアルタイムの音楽ライブに参加できます。

こうしたOculus Go向けのオススメアプリは下記でご紹介していますので、もし興味があれば一度試してみてください!

好みに応じてデコレーション

また、持ち運び自由なOculus Goならではの長所に、デバイスの外見を好みに応じてカスタマイズできることが挙げられます。

参考までに、筆者のOculus Goの画像を載せてみます。ヘッドセット全体を覆う専用のステッカーを貼っています。

 

 

現在では、Oculus Goのデコレーション用に、様々なステッカーが発売されており、筆者はグラフィティ柄のものを貼っています。その他にも、サイケデリック柄やポップ調など、様々な種類のステッカーを貼ることができます。

こうしたステッカーは、主に海外のサイトで販売していますが、価格は送料を含めても2,500~3,000円程度なので、手軽に「マイOculus Go」に仕立てることができます。
今後、VRの知名度が上がって、多くの人が一体型VRヘッドセットを使うようになれば、スマートフォンのケースのような感覚で、VRヘッドセットのデコレーションが流行るかもしれません。
今のうちに、流行を先取りしてみてはどうでしょうか?

Oculus Goおすすめアプリ5選

ここまで、主にOculus Goのスペックや特徴についてご紹介してきましたが、以下ではOculus Go対応のオススメアプリを幾つかご紹介します。

動画視聴からゲームまで

Netflix

数多くあるOculus Go用アプリの中でも、断トツのオススメが「Netflix」です。

Oculus Goが発売された当初、ユーザーの間で大きな話題になったアプリがNetflixで、VR内にあるホームシアターで、好きなアニメや映画を鑑賞できます。

ホームシアターというと、少し前まではごく一部のセレブのみが持つ特権のような存在でしたが、現在ではVRの登場によって、誰でもVR空間内にホームシアターを持てるようになりました。

Netflixアプリをインストールしておくだけで、いつでも、どこからでもアクセスできる映画館を手に入れたのとほぼ同じなので、Oculus Goユーザーには必携アプリと言えます!

YouTube VR

また、主要動画配信アプリのYouTubeもOculus Goに対応しており、無料でダウンロードできます。

「YouTube VR」は課金は必要なく、お気に入りに登録してある動画などを、Netflix同様にVR内の大画面シアターで視聴できます。

実際にVR視聴を体験してみると分かりますが、PCやスマートフォンなどの小さな画面で視るのと、周囲の環境をシャットアウトした状態で大画面で視るのとでは、臨場感がまったく違います。

そのため、映像への没入度がより深くなったり、鑑賞中に普段は思いつかないような気づきや考察を得たりなど、VR視聴ならではのメリットがあります。

VARK

Oculus GoでVRライブに参加できるアプリに「VARK」があります。

VARKでは、実寸大のライブ空間をVR内に構築しており、ユーザーはOculus Goを被るだけで、様々なアーティストの音楽ライブに参加できます。

ライブへの参加には事前にチケットを購入する必要がありますが、アプリ自体は無料で、これまでにバーチャルシンガーの「YuNi」や、「秦天まひろ」などがVARKでのライブを行っています。

家に居ながら、まるで実際にライブ空間に足を運んだかのような感覚で、リアルタイムの音楽ライブに参加できるなんて、すごく未来的ですよね。

Thumper

Oculus Goでゲームを楽しみたい方向けには、リズムゲームの「Thumper」がオススメです。
 

プレイヤーは、カブトムシ型のマシンをコントローラーで操作しながら、リズムに合わせて高速で流れてくる様々な障害物を、タイミングに合わせて交わしていきます。

不穏な雰囲気の世界観や、ダークな音楽によってゲームの中に引き込まれ、リズムパターンもステージが進むにつれて徐々に複雑化していくので、VRリズムゲームの中でもかなり高難易度なタイトルです。

ルールはシンプルながら、一度ハマると中々抜け出せない中毒性があるので、Oculus Goをお持ちであれば一度プレイすべきタイトルです。

東京クロノス

そして、日本製のVRアプリで代表的なのが、VRビジュアルノベルの「東京クロノス」です。
 

VRビジュアルノベルというジャンル自体が極めて新しいですが、これはアニメや映画のようにストーリーが一方通行に進んでいくのではなく、視聴者がコントローラー操作を通して、ストーリーの進行に関わることができます。

そのため、まるで自分が登場人物の一人になったかのような感覚を味わうことが可能で、VRならではの新しいストーリーテリングの形式に触れることができます。

また、キャラクターデザインもスタイリッシュで、監修にはあの「ソードアート・オンライン」のプロデューサーも参加しており、日本発のVRコンテンツの中でもかなり大規模な作品です。

まとめ

一体型VRデバイスのOculus Goは、ハイスペックのPCやケーブル接続などを必要とせず、どこへでも持ち運んで使えます。

操作やセットアップも、PCVR機器と比べて簡単で安定しているので、VRを初めて試す初心者の方でも安心して使えます。

VR入門用のデバイスとしてオススメできますが、現在ではOculus Go向けに様々なゲームやアプリが展開されており、特にNetflixなどの動画視聴アプリに慣れると、映画の視聴時にはVRが欠かせなくなる程です。

価格も2~3万円前後と、VRヘッドセットとしては比較的安い部類に入るので、VRを試してみようか迷っているのであれば、一度購入を検討してみてはどうでしょうか。

関連広告

Twitterでフォローしよう