audibleに慣れてくると、こだわりたくなるのがイヤホンやヘッドホンです。

スマホに繋いで聴くのはイヤホン?

それともヘッドホン? 迷いますよね。

 

  • イヤホンなんてどれも同じなのでは?
  • どうせ変わらないでしょう

 

と思ったあなた。侮るべからず。1万円前後のイヤホンやヘッドホンでもその差は歴然。

まして、聴くのは声優やプロのナレーターの声。

全然違います。

この記事では、audibleにおすすめのイヤホン・ヘッドホンを紹介します。

audibleに合うイヤホンやヘッドホンの特徴

イヤホンやヘッドホンの違いはたくさんあります。ここでは以下3つの軸でイヤホンとヘッドホンの特徴を比較します。

  • 大きさ
  • 音質
  • 耳への負担

イヤホンとヘッドホンの大きさの違い

イヤホンとヘッドホンの大きさの違い

イヤホンとヘッドホンはまず大きさが違います。イヤホンは手の中に納まるほど小さく、ヘッドホンはどんなに小さく畳んでも弁当箱と同じぐらい。

また、イヤホンは数gから数十gですが、ヘッドホンは100gから300g程度。持ち運びを考えるとイヤホンに軍配が上がります。しかも、イヤホンは比較的ライトユーザーが多く1万円以下でも素晴らし製品が多いです。

ヘッドホンでは本格的な音質を追求するユーザーが多く、良質なヘッドホンを探すと2万円以上が目安となる点が大きな分かれ目になります。

音質がいいのはどっち?

音質がいいのはどっち?

音楽を聴く場合であればヘッドホンに軍配が上がります。audibleを聴く場合、音質が良いのは一般的にイヤホンです。

イヤホンの特徴

価格以上のパフォーマンスを発揮することが多いです。特に細かい音の表現や、高音域の解像度ではイヤホンが有利です。

イヤホンは耳にコンパクトに収まり、音のイメージに没頭しやすいので声を重視する場合にオススメです。

ヘッドホンの特徴

超低音や空間的な表現力はヘッドホンのほうが有利です。ヘッドホンの方が音楽の空間を感じやすいので、クラシックやインストルメンタルを聴く際にオススメです。

耳への負担

耳への負担

広義ではイヤホンもヘッドホンの一種です。耳の中に入れるタイプがイヤホン耳を覆うタイプがヘッドホンとされます。

装着方法の違いにより、耳への負担は異なりますが、一般的には耳栓のようにいやピースを耳穴に差し込むイヤホンの方が耳への負担は大きいとされます。

長時間利用した場合、ヘッドホンに比べてイヤホンの方が疲れや痛みを感じやすい欠点は否めません。その反面、ヘッドホンは耳穴に接触しないので負担はかなり軽減されます。

どちらも、音量を上げすぎて長時間聴くと耳を悪くする危険がある点では同じです。ほどほどの音と時間で聴くことは何より大事です。

audibleに合うイヤホンやヘッドホン

結局、イヤホンとヘッドホンどっちを選べばいいの?

イヤホンとヘッドホンを選ぶ時に大事なのは、使うシーンと、聴きたい音楽に合っているかです。シーン別にどのようなイヤホン、またはヘッドホンが適切か見ていきましょう。

audibleの利用シーン

電車の中

電車の中

audibleは満員電車の中で時間を持て余す人と相性が良いです。たとえ電車に乗っている時間が20分だとしても、読書の時間として有効利用できます。

そんなシーンで求められるのはノイズキャンセリングワイヤレスです。

ノイズキャンセリング機能は周りの雑音をほぼかき消します。聞こえるのは、イヤホンから流れ出てくる声優の声のみです。

完全に読書の世界に入り込むことができるので、うるさい電車の中では必須機能と言えるでしょう。合わせてコードが体に絡まったり、周りの人に引っ張られたりしない様、ワイヤレス機能がある方が便利です。

トレーニング中

トレーニング中

どこでトレーニングするかによりますが、野外でトレーニングする場合、ノイズキャンセリング機能を使うと逆に周りの音が聞こえなくなり、危ないです。

トレーニング中の人に求められる機能は防水性ワイヤレスです。この2点が揃えば、お風呂でも利用可能ですし、雨の日に外を歩くのも全く怖くありません。

軽作業中

軽作業中

デスクワーク中心であれば有線タイプで問題ないですが、料理中や掃除中の利用を考えるのであれば、ワイヤレスがオススメです。

おすすめイヤホンやヘッドホン

電車の中

Joyhouse K-8
全てが揃った完全ワイヤレスイヤホン
【 IPX7完全防水】【 95時間連続駆動】【 Hi-Fi高音質】【 3Dステレオサウンド】【ノイズキャンセリング】【自動ペアリング】【 マイク付き】 【ブルートゥース】
機械音痴でも簡単セットアップ!片耳でも使用できるので、通勤途中だけでなく、キッチンで料理をしながら使ったりトレーニング中に利用することも可能です。これだけ揃って5,000円台は超お買い得です。

 

ソニー MDR-NWBT20N
この値段でノイズキャンセリング?!
AI機能によって最適なノイズキャンセリングモードを選択し、周囲の騒音を98%キャンセルできる優れもの。【ノイズキャンセリング】かつ【bluetooth】機能付きでこの6,000円はかなり珍しいです。

 

ソニーWI-1000X
業界最高クラスのノイズキャンセリング
うるさい電車の中で音楽を集中して聴くには音量を上げるしかありません。しかし、ノイズキャンセリング効果が発揮されれば、通常の音量でも声がはっきりとあなたの耳に届きます。
この商品は特にノイズキャンセリングにこだわっています。移動や出張が多い方は、【車内で自分の空間を簡単に作り出せる】が鍵になりますよね。高い買い物ですが、損しないことは口コミからも確認できます。

トレーニング中

Joyhouse K-8
全てが揃った完全ワイヤレスイヤホン
【 IPX7完全防水】【 95時間連続駆動】【 Hi-Fi高音質】【 3Dステレオサウンド】【ノイズキャンセリング】【自動ペアリング】【 マイク付き】 【ブルートゥース】
機械音痴でも簡単セットアップ!片耳でも使用できるので、通勤途中だけでなく、キッチンで料理をしながら使ったりトレーニング中に利用することも可能です。これだけ揃って5,000円台は超お買い得です。
AUKEY EP-B40
ワイヤレスイヤホンを未経験なら、まずはこれ!
初めての人でもすぐにその効果を実感できるワイヤレスイヤホンです。マイク内蔵リモコン付きなので、音楽を楽しむだけでなく、通話もできるマイク付きのイヤホンで2,499円!!お試しにはもってこいです。

 

Bose SoundSport wireless headphones
ボーズ初のBluetoothワイヤレス対応スポーツイヤホン
本機は「スポーツと音楽を最良なバランスで楽しませてくれるイヤホン」。ボーズサウンドらしく、低音には定評がありながら、防水設計や快適さも同時に実現。ボーカルは滑舌がシャープで、歌モノが気持ち良く聴ける。メロディ楽器の存在感も前面に押し出してくる立体的な音場感です。

軽作業中

Joyhouse K-8
全てが揃った完全ワイヤレスイヤホン
【 IPX7完全防水】【 95時間連続駆動】【 Hi-Fi高音質】【 3Dステレオサウンド】【ノイズキャンセリング】【自動ペアリング】【 マイク付き】 【ブルートゥース】
機械音痴でも簡単セットアップ!片耳でも使用できるので、通勤途中だけでなく、キッチンで料理をしながら使ったりトレーニング中に利用することも可能です。これだけ揃って5,000円台は超お買い得です。

 

AUKEY EP-B40
ワイヤレスイヤホンを未経験なら、まずはこれから
初めての人でもすぐにその効果を実感できるワイヤレスイヤホンです。マイク内蔵リモコン付きなので、音楽を楽しむだけでなく、通話もできるマイク付きで2,499円!!お試しにはもってこいです。
ソニー MDR-1000X
周囲の騒音から解放され、こだわりの高音質に浸る。新次元ワイヤレス
【高音質な全部入りヘッドホン】と言う言葉似合うソニーのハイグレードヘッドホンです。周囲の騒音に適したモードを自動で選択する【フルオートAIノイズキャンセリング機能】がついたり、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を担保します。唯一ネックなのは、少し重たいので、女性の方や長時間使用に向いていない点です。

まとめ

イヤホンとヘッドホンを選ぶ時に大事なのは、使うシーンと聴きたい音楽に合っているかです。

あなたがどの様なシーンでaudibleの利用を検討しているか考えてイヤホン、ヘッドホンを選びましょう!個人的には全ての機能を満遍なくカバーしている以下商品がオススメです。

【最先端Bluetooth5.0+EDRが搭載】Bluetooth イヤホン IPX7完全防水 95時間連続駆動 Hi-Fi高音質 3Dステレオサウンド CVC8.0ノイズキャンセリング&AAC8.0対応 自動ペアリング マイク付き 完全ワイヤレス イヤホン 両耳 左右分離型 タッチ式 マイク内蔵 ブルートゥース イヤホン 日本語音声提示 技適認証済 iPhone&Android対応 (ブラック) (ブラック) (ブラック)
Joyhouse

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連広告

Twitterでフォローしよう