こんにちは! 不登校で学校を計1ヶ月休んだ経歴を持つこめさんです。

 

この前、ブログのプロフィールを読んでくれた読者とこんな話になりました。

 

読者
会社辛い。どんなに辛くても会社行ってるけど、辛い。

そやね。社会人嫌なことだらけやもんね。

 

 

私は会社が面白くない・辛いと思い辞めてしまった人間です。

 

 

会社が面白い・辛いと感じるのは人それぞれです。

 

 

そして、人によって頑張れる範囲は違います。

 

 

A君が頑張ってるから・・・

B君も休んでないんだし・・・

 

 

いやいや、あなたはあなたです。

 

 

辛い!もう無理だ!

となった時が頑張れない時なんです。

 

「まずは3年」「とりあえず3年」を疑え

頑張りすぎると自分が潰れる

 

石の上にも3年。
とりあえず、3年やってみよう。

3年やってみないと仕事の向き不向きはわからない

 

その気持ち、よく分かります笑

 

ただ、サラリーマンの現状を考えてください。

 

私はこんな日常を送っていました。

 

朝6時起きる
日経新聞を読む
満員電車で会社に向かう
社内の意味不明なメールを確認する&変身する
生産性の低い会議に参加する
忙しい時は昼飯食べれない
締め切り直前で新たな仕事が降ってくる
そして、なぜ期日までにこれができないんだ? とパワハラのあらし
社内評価されるのは、社内営業が上手な人間
嫌だ!と思いながらも毎回飲み会に参加
帰宅は終電間近
最初に戻る
もーーー
もーーー
いかんですよ。

 

でもこう思っている人もいませんか?

 

会社辞めたら・・・
会社に迷惑かかる
先輩や後輩同僚に迷惑がかかる
お客様に迷惑がかかる

 

私は100%こう思っていました。

 

優しすぎですw

 

先に自分がつぶれてしまいます。

 

会社は1人の社員が辞めても回ります。

 

いやいや、俺の場合は違う!回らないから!と思っていましたが、現に回っています。

 

辞めた人、ほぼ全員がそう言っています。

 

辞めるまで、いやいやいや〜と言っていましたが、それが現実です。

 

寂しいですが回っていますw

 

それが現実です。

 

それで仕事が回らないのは会社の責任です。

 

あなたの責任ではありません。

 


自分を犠牲にしてまで、他人の目を気にしてまで頑張る意味!!!

働いて得るものを考える

 

それは3年間働かないと得る事ができない技術ですか?

 

1年じゃ無理ですか?

 

会社辞めていい事だらけじゃないけど、辞めた事は一切後悔していません。

 

会社辞めてよかったです。辛い事も多いですが、総じて楽しいです。

 

楽しいって大事ですよね。

 

ちょっと考えてみて下さい。

 

①給与が30万円もらえるけど、激務で長時間労働。
②給与が20万円もらえるけど、楽勝で短時間勤務。
③給与が20万円もらえるけど、激務で長時間労働。

 

 

だけど楽しい!

 

働き方は色々あります。

 

働き方は人それぞれです。

 

人生一度切りです。

 

「お金」は大事ですが、それ以上にあなたのやりたい事に没頭しましょう。

 

人生有限です。

 

25歳のあたなは60歳まで自由に使える時間は残り

 

60歳まで仕事にさける時間は89,940時

 

これって、約10年分の時間なんです。

 

25歳のあなたでも

 

人生で仕事に没頭できる時間はあと10年なんです。

 

どう思いますか?

 

やりたい事をやりきった方が価値ある人生を送れると思いませんか?

 

働き方は真剣に考えるべきです。

 

まとめ
身にならないな〜と感じるなら、会社を辞める勇気が必要

自分が変わる方法は3つだけ

今の仕事が辛い!と思っているならまず1日の時間配分を考えましょう。

 

24時間どんな風に使ってますか?

 

プライベートの時間を確保しましょう。

 

今の会社に残るべきか

転職すべきか

会社に残りながら副業するか

 

 

私は、付き合う人を変えることで、強制的に自分を変えました。

嫁いわく、以前より明るくなったそうです。

 

仕事中は相当疲れていたんでしょうね!

 

人生一度きりです。

 

せっかくここまで読んで頂いたので、ここからはご自身で情報収集してください。

 

ページを閉じて何もしないのではなく、行動に移してみてください。

 

情報を調べる場合、ツイッターが有効です。

 

調べる人が分からない場合、以下記事を読んでみて下さい。

 

20代〜30代前半の3名です。

 

最近急成長している方々で、とっても面白いです! よかったらぜひ!

関連広告

Twitterでフォローしよう