トレース

この記事では、『トーレス』11話のネタバレを紹介します。

  • ラマ『トレース』11話の完全ネタバレ
  • ドラマ『トレース』11話のみどころ

『トレース〜科捜研の男〜』を無料で今すぐ見たい方はこちら!

こめ
登録・解約は簡単だよ♪
*Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料!
注意
紹介している番組は2019年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

『トレース』11話(最終)の動画のみどころ

礼二はノンナに心を開くのか

事件を知ったことで礼二から弾かれていたノンナだが、自らの行動で事件に関わることができた。最終回、ノンナは礼二にどこまで近づける?

いよいよ壇との直接対決

犯人かと目していた佐保は爆発に巻き込まれて死亡。DNA型からも犯人ではないと否定された最中、ついに礼二は壇と相まみえることに。

<すべての真相は?

犯人はやはり壇なのか?25年前、礼二の家族に何が起こり、誰が家族を殺したのか。いよいよ、すべての真相が明かされる!

『トレース』11話(最終)の動画のネタバレ

佐保は父親ではなかった

25年前、家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野礼二(錦戸亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)とともに、食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行く。

しかし突然ボイラー室のガス爆発が起こり、巻き込まれた佐保は死亡する。

佐保は不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、礼二の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った礼二は、事件のことを知る虎丸(船越英一郎)、ノンナ(新木優子)、海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。

『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残ったDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型に親子関係が認められ、仁実の子供の父親が事件の犯人と見られていたが、佐保の血液は一致しなかったのだ。

壇がとつぜん科捜研に


虎丸、ノンナと共に佐保が死亡したボイラー室に臨場した礼二は、ガスの元栓部分から手袋の皮片を発見する。そこから採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致した。佐保は、真犯人に殺されたのだ。

新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出るが、虎丸を中心に仁美の交際関係を徹底的に洗い直す礼二。そこで礼二は卒業アルバムの中から壇浩輝の名を発見する。

現刑事部長で、当時父親が警視総監だったという壇が関わるなら、一連の捜査中止命令にも納得がいくが、相手が悪いと苦々しく言う虎丸。

そんななか、突然壇本人が科捜研の視察に訪れた。

DNAを採取するキットを見つけ、やってみたかったと手に取った壇は、流血するほど口の中をこする。さらに礼二が事件の生き残りであることを暴露し、血塗れのキットを差し出した壇に科捜研の空気は凍りつく。

そして壇のDNAは、胎児のものとは一致しなかった。

子の父親は早川だった

早川と会って経緯を説明した礼二は、会話の中で違和感を覚え早川が使っていたストローを持ち帰る。

鑑定を終えた礼二は、早川こそが姉の子の父親であることを知る。さらに今まで早川の情報で誘導され、監視されていた、早川と壇が繋がっていたのではと考えた礼二は虎丸とともに自宅へ急ぐが、早川は遺書を残して姿を消していた。

その筆跡鑑定を依頼した礼二は、早川が本人の意志で書かれたものであったことがわかるが、その遺書が書かれたペンのインクは、先日視察に訪れた壇が持ち帰ったものだった。

壇が早川に遺書を書かせて殺した、そしてあのインクは自分を呼ぶためのメッセージだろうと壇を追求する礼二。

その頃科捜研では、連絡の取れない礼二が最後に調べていた情報から、虎丸とノンナが行方を追っていた。

礼二のGPSを追跡した虎丸とノンナは、軽井沢にある壇の別荘に辿り着く。

敷地の外にノンナを残し、応答のない室内にガラスを割って侵入したが、二人の姿はなかった。

虎丸は警察の追跡システムデータを懲罰覚悟で科捜研に送り、さらに壇と礼二の行方を追う。

壇の異常性と衝撃の真相

壇と向かい合った礼二は、壇が早川に新妻と佐保を殺させたこと、さらに25年前の事件の隠蔽をネタに早川を脅し操っていたことを指摘し、すべてを認めた壇は、礼二を真実へと導くことが目的だったと言う。

そして自身の、礼二の兄・義一に対するとてつもない執着を明かす。

皆の中心で笑う義一の苦しむ顔を見たいがために、佐保や新妻を使っていじめ抜いていたこと、また礼二の姉・仁実が早川と不倫の末に捨てられ、早川を陥れようとしていたことを笑いながら話す壇。

そして、早川の精神が崩壊寸前になったところで仁実の裏切りを教え、殺してしまえばいいと勧めたことで、早川は事件を起こしたのだ。

佐保と新妻に義一までも殺させ、一家心中を偽装したという壇に打ちのめされた礼二は、ナイフを握って壇に近づくが、壇は拳銃を所持していた。

そして、義一と同じ目をする礼二を傷つけることが目的だった、一切手を汚しておらず法的に裁くことができない自分に復讐するには殺すしかないと拳銃を渡す。

しかし礼二は撃つことができず、笑いながらお前の負けだと言い放つ壇に、現れた早川が渾身の力でナイフを突き立てた。

さらに礼二の目の前で自らの命も絶とうとする早川のナイフを、礼二は奪った。

家族を殺した自分をなぜ助けるのかと叫ぶ早川に、礼二は泣きながら吐き出す。

「おれは前に進みたいんだよ!」

礼二の信念が自身を救った

科捜研からデータ解析の連絡を受けた虎丸とノンナが駆けつけ、早川は逮捕された。

壇はかろうじて助かったものの昏睡状態のまま。

なぜ二人を助けたのかと虎丸に問われた礼二は、もしあの時そうしなければ、2度と暗闇から抜け出せなかった、おれは前に進みたい、と答える。

虎丸に来てくれて嬉しかった、と礼を言う礼二は、晴れ晴れとした顔をしていた。

『トレース』11話(最終)感想

トレース最終回、ものすごい衝撃でした! 結局最終回まで明らかにならなかった真犯人が早川先生だと言うことが判明したのに、それをすべて流し去っていった壇ジュニアの異常性!

お兄ちゃんの最期、お姉ちゃんの本心、すべてを暴露されてそれでも我慢した礼二が可哀相すぎて仕方ないですね。

でも頑張ったー!これからは、優しいみんなに囲まれて過去から抜け出していってほしい。ノンナとは結局これという進展はありませんでしたが、温かな目で見つめあっていましたね。

最後、続編が期待されるシーンがありました(壇さんのね)ので、続編があればもう少し仲良くなっているといいなぁ。

トレース、夢に見そうな(笑)ドラマでした!

トレースを4巻まで無料で読む方法

ドラマ『トレース』は原作マンガが元になっています。

ストーリーの続きを知りたい方は、U-NEXTとFODを使って一気に4巻まで無料で読むことも可能です。

マンガ『トレース』を4巻まで無料で読む

U-NEXTに登録】
600ポイントGET
→1巻読む
FODプレミアムに登録】
最大1,300ポイントGET
→2巻読む

FODプレミアムの公式サイトで、第1巻は無料公開されています。

マンガ『トレース』を4巻まで無料で読む

無料1巻+3巻=4巻まで読むと、ドラマを更に楽しめるのでオススメです!

こめ
U-NEXTもFODも1ヶ月は無料お試し期間中だよ
注意
紹介している内容は2019年3月時点の情報です。現在は配信終了している場合もあります。詳細は各サイトをご確認ください。
関連広告

Twitterでフォローしよう