ツイッターを見ていると、ブログ記事を紹介する際、3種類のパターンがある事に気付きました。

 

パターン1:URLを表示して、その下に画像を載せるパターン

 

画像をクリックしても、画像が大きくなるだけです。

 

パターン2:画像クリック=リンク先に飛ぶ

 

 

パターン3:大きい画像をクリック=リンク先に飛ぶ

 


どっちが良いか正解はありませんが、僕はパターン3がやりたい!と必死にググったので、その方法を画像付きで紹介します。

この記事でお伝えすること
ワードプレスに「All in One Seo」を設定する方法
Card Validatorで確認する方法

ワードプレスでツイッターカードを表示するにはまずプラグインをダウンロードする

プラグインから新規追加をクリックします。

 

キーワードに「All inOne SEO」を入力してダウンロード(無料)

「有効化」を忘れずに押してください。

「ダッシュボード」に「All in One SEO」という項目が新しく追加。「機能管理」をクリック。

ソーシャルメディアのボタンをactivate→deactivateに変更

画像設定画面で「Featured Image」を選択する

 

デフォルトのOG:Imageは設定しなくても大丈夫です。

英語版はFeatured Imageですが、日本語版は「アイキャッチ画像」になります。

 

Twitter設定を行う

 

 

Twitterカード

おすすめはクリッツ率が高い、【要約の大きい画像】ですが、大きな画像でURLを表記したくない場合は、【要約】を選んでください。

 

小さい画像+要約文字が入ります。

 

Twitterサイト

 

 

Twitter投稿者を表示

ツイッターに記事を投稿する際、投稿者を記載するかどうかです。都度消すこともできるので、設定はONにしておくことをおすすめします。

 

Twitterドメイン

 

ツイッターのプロフィールページのURLを記入します。

 

https://twitter.com/【xxx】 ←ここの部分をコピー&ペースト

 

ここまで登録が終われば、「設定の更新」ボタンを押して終了です。

 

ワードプレスでツイッターカードが表示されているか、Card Validatorで確認する

Card calidator公式HPにログインする

ログイン方法はTwitterと同じIDとパスワードです。

表示させたい記事のURLを貼り付けて、「Preview card」をクリックする

 

Card previewで確認。正しく表示されている場合

 

このように表記されていれば成功です。

上手く表記された方は、これで終了です。

 

あとは、通常通りURLを入力してつぶやけば、自動的に画像に変換してくれます。

 

 

お疲れ様でした。

Card previewで確認。正しく表示されていない場合。

 

この様に表記されている場合は、「アイキャッチ画像」「大きく表示する」の設定が反映されていない状態です。

 

もう少し設定が必要です。僕自身、この様に表示されていたので、安心してください。

 

すぐに直るはずです。

ワードプレスでツイッターカードが上手く表示されない場合

ダッシュボードの「投稿」の「投稿一覧」から表示させたい記事を選ぶ

記事の最下部の「ソーシャル設定」をクリック

 

文字数の直ぐ下に表示されています。

 

Twitterカードタイプが「要約の大きい画像」になっているか確認

僕の場合は、ここが「要約」になっていた為、正しくカードが表示されていませんでした。

 

記事の更新ボタンを押してから数分で内容が反映されます。

 

お疲れ様でした。暫くお待ちください。

それでも正しく表示されない場合

 

  1. 他のプラグインを使って試す
  2. プラグインを使わずCSSを変更する。

 

Twitterで大サイズのネームカードを表示させる方法は1つではありません。

 

いろいろ試して見てください。

 

その他関連記事

 

 

 

関連広告

Twitterでフォローしよう