僕は友達から

「超自由人」と呼ばれるくらい

わがままで、自由で自分のことが大好きな人間です。

 

しかし、ある日、友人の結婚式で出会った女の子と

4回のデートで結婚を決めました。

 

僕が嫁を愛する3つの点を紹介したいと思います。

 

嫁が世界一好きな夫 妻をここまで愛する3つの理由

気が合う

 

僕は自分のことが大好きで、わがままです。

寝たいときに寝るし、お腹が空けばご飯を食べます。

だから、今まで付き合ってきた女性も、

こめってわがままよね。といつも言われてきました。

 

僕は僕らしく生きる!と決めていたので、

別に結婚できなくても、それは人生として受け入れる・・・

 

つもりでしたが、僕は嫁と出会います。

こんなこと書くと嫁に殺されますが、

嫁もわがままです。

 

嫁は自分がやりたいこと、やるべきことが明確なので、

理路整然と物事を淡々と進めていきます。

 

僕は、人生をなんとなく生きてきたので、

興味がある物事があれば、その方向に流れます。

海を流れる流木の様な存在でした。

 

ですので、何故それをやってるの?

「なんとなく楽しそうだから!」

と必ず「なんとなく」の言葉がついていました。

 

しっかりと動機を説明できないことも多いです。

 

しかし、嫁の前で「なんとなく」は禁句です。

言ったらおしまいです。超詰められます。

刑事ドラマっぽく「それやる意味なんなん?」

と淡々と詰められます。

 

すべての物事には理由があると決め付けているがの如く、彼女の行動はハッキリしています。

 

Aという目標に向かって真っ直ぐ突き進みます。

途中でより効率的なルートを見つければ、

即ルート変更を行います。

 

頭の回転が早く、効率的な方法で目標達成を目指します。

嫁と僕は討論しても負けるのが分かっているので、

嫁に従う様にしています。

 

嫁:部屋の掃除しといてね!

僕:OK!!!! (掃除するけど、ゴミが残る)

 

嫁:トイレ掃除してね!

僕:OK!(ちょっと汚れが残る)

 

嫁:風呂洗っておいてね!

僕:OK!!(同上)

 

結局、すべて嫁とやり直すのですが、

2人でゲラゲラ笑う生活は心地よく、楽しいです。

 

嫁の完璧主義は僕の想像を超えているので、

本来、僕が彼女の水準に合わせるべきなのですが、

今は、程よい距離感でお互いできることを頑張っています。

 

他人から見れば、単なるSMプレイのように映るかもしれませんが、僕はこの距離感がとても心地よいです。

 

お互いが何をできるか、分かっているので、

本当に任せるべき部分とそうでない部分が明確です。

 

すると、生活がスムーズに回る様になります。

嫁が辛い時、僕が何を手伝うべきかなんとなく分かります。

 

お互いの守備範囲が分かっているからこそ、ある意味、無駄な動きが少なく済んでいるかもしれません。

 

常に全力で走るのではなく、ボールが来た時に全力で走るサッカー選手の様なイメージです。

 

家族はチームプレーです。

全員でプレーするのですが、

各プレーヤーは役割があります。

その役割が上手く機能しているのが我が家なのかもしれませんね。

 

あ、ちなみに、皿洗いと洗濯物干しは完全に任せてもらってますよ笑

尊敬できる

 

嫁は頭が賢く、人付き合いも上手な女性です。

僕と正反対なので、とても尊敬できます。

 

僕が結婚する人の唯一の条件は「1人でも生きていける人」でした。ほぼ、尊敬できる人に近い意味合いなのです。

 

僕は30代ですが、いつどこで死ぬか分かりません。

そんな時、子供と一緒に、又は再婚して生きていける、

強いハートを持った女性と結婚したいと思っていました。

 

嫁は強いハートを持っているか分かりませんが、

コミュニケーション能力が高く、

研究者として全国どこでも働けます。

 

しっかりした性格で、子育ても安心して

任せられます。

 

僕は、そんな嫁を心から尊敬しています。

だから、いつまでも、1日でも長く一緒に居続けたい

そんな風に思えるのかもしれません。

 

あと、家のお金は僕が管理しています。

 

しかし、お互いお小遣い制ではありません。

嫁には僕の口座からお金が引き落とされる

デビットカードとクレジットカードを渡しています。

 

ですので、好きな物を好きな時に買えます。

嫁はブランド物に興味がなく、無駄遣いしないと分かっているので、

わざわざお金を管理する必要はありません。

無駄遣いしない点も尊敬しています。

しっかりしてる

 

嫁は完璧主義者で、ざっくりしたことが嫌いです。

「なんとなく」なんて、もってのほかです。

 

整理整頓が好きで、生まれてくる赤ちゃん用品選びも

一切妥協していません。

 

しかし、料理はかなり大雑把です。

調味料は「大体このくらい!」

としか教えてくれないです。

 

つまり、きっちりしている部分と

ざっくりしている部分が分かれています。

 

そんなところが僕は好きです。

すべてが完璧主義ではなく、ゆるいところはゆるい。

そのバランスが僕にとってとも心良いのです。

 

以上が、僕が結婚する前に感じた点です。

嫁を愛している3点
・気が合う
・尊敬している
・しっかりしている

 

結婚してから、感じる3点も書いていきます。

嫁と結婚してみて分かった。愛してる3点

とにかく飯が美味い

 

結婚して、嫁の料理の上手さに驚きました。

毎日、ご飯が美味しいです。

次は何が出てくるかな?と毎回楽しみです。

 

1日3回も楽しみがあるって、幸せです。

名前も無い料理もたくさん作ってくれます。

 

僕が名前をつけるのですが、大体却下されます。

そんな生活も楽しいです。

 

嫁が料理が得意で好きだったことは、結婚して

初めて知ったので、僕は嫁と結婚できてとてもラッキーでした。

 

安心感が半端ない

 

嫁はしっかり者なので、任せられる点が多いです。

旅行に行く時には、プランを大体任せています。

嫁の場合、1泊2日の旅行であっても、大体

3プランほど考えて僕に提案してきます。

 

まず、プラン1の特徴なんだけどね〜・・・

 

このプランの話を聞くと、僕の好みのレストラン

嫁が好きなお店がコースに入っていたり、

お互いが最大限楽しめる様、スケジューリングしてくれます。

こんなありがたいことないですよね。

 

自宅に居ても、「何かを忘れる」ということが少ないので、

安心して一緒に生活できます。

この人と結婚できて、僕は幸せです。

甘えられる

 

僕は甘えたがり屋なのかもしれません。

 

僕:ねえーねえー聞いてー。最近、腹筋割れてへん?

嫁:今、忙しい。

僕:え〜、チュ!じゃーねー

 

どんなに忙しくても、嫁は必ず後で話を聞いてくれるので、僕は最大限甘えることができます。

 

僕は甘え上手と言われることもありますが、

それを全て受け止めてくれる嫁と出会えて、僕は幸せです。

 

たまに、嫁が僕に甘えて来ることもあるのですが、あんまり書くと、恥ずかしがり屋の嫁がガチギレするので、内容は内緒にしておきます笑

結婚ってしてみないとわからない

 

ここまで熱烈に嫁に対する愛を語りましたが、

やっぱり僕は嫁が好きです。大好きです。

 

嫁より綺麗で頭が良くてお金持ちの女性は

世界中、たくさんいます。

八頭身のモデルさんに嫁が勝てるはずがありません。

 

でも、僕はモデルさんより嫁の方が魅力的です。嫁は僕が求める物をすべて兼ね備え、一緒に居て幸せを感じます。そして、嫁となら、一歩も二歩も前に進みたいと考えられます。

 

新しいことにチャレンジすることも前より怖くなくなりました。

 

僕は思い立ったらすぐ行動しますが、そのリスクを嫁がきっちり分析してくれます。よく、結婚すると行動が制限されると言われますが、僕の場合は逆でした。

 

今、最高に幸せな生活を送ることができています。

まずは、嫁との生活を最大限楽しみながら、

これからも二人三脚で夢に向かって歩いていきます。

 

https://kome3blog.com/merit-of-marriage

https://kome3blog.com/i-love-my-husband

 

関連広告

Twitterでフォローしよう