夫婦円満の秘訣は、相手に依存・期待しすぎないことです。

読者
結婚に期待しちゃ駄目なの?

 

いえいえ。。。

そういう訳ではありません。

 

  • 理想の夫婦関係がわからない
  • 今の夫婦関係が円満なのか自信がない
  • 相手に裏切られそうで怖い

 

そんな疑問に対して、結婚歴5年の経験を活かし、

解決方法や考え方のコツを紹介していきます。

 

少しでも、あなたの家庭が円満になりますように!

夫婦円満の秘訣は依存・期待し過ぎない事

依存・期待し過ぎない夫婦関係とは

まず最初に、漫画家のさわぐちけいすけさん

の漫画をご覧ください。

理想の夫婦に対するイメージ

理想の夫婦に対するイメージ2

理想の夫婦に対するイメージ3

理想の夫婦に対するイメージ4

 

これは、かなり僕の考えに近いです。

 

僕は、1人で生きられる力を持ちつつも

一緒に協力しながら2人で生きていくのが

理想の夫婦像だと考えています。

 

僕たちは、誰しも得意・不得意があり、

お互いの得意分野を引き受ければ

楽しく生活を送ることができます。

 

自分でできることは自分でする。

パートナーにお願いした方がいいことは

素直にお願いする。

 

そんな風に考えるのが大事だと思います。

 

例えば、嫁は料理を作るのは大好きですが、

食器を洗うのが嫌いです。

その為、僕はできる限り食器洗いを担当します。

 

嫁は大好きな料理作りに専念でき、

僕は美味しい料理をいつも食べることができます。

完全にwin winの関係ですね。

 

こめ
皿洗いは僕の仕事さ♪

よめ
いつも助かってるわ

 

こんな風に、今までの習慣や考えをリセットして、

家事=嫁と決めずに、

 

  • 休日は旦那が嫁の家事を手伝う
  • 休日は旦那に子供の面倒を見てもらう

 

など、役割分担を考え直してもいいですね!

家事の役割分担ってどうするの?

我が家では、一時期「家事リスト」を作成し、

家事の役割分担を考えました。

 

家事リストを作ってみよう

このように、リンク先の家事リストを参考にしました。

家事リストのサンプル

 

このリスト、残念ながら

我が家では定着しませんでした。

 

というのも、嫁は完璧主義&記憶力が良いので、

数回内容を見たあとは、

嫁が僕に指示を出す方針に変わりました。

 

  • 今日はゴミの日!
  • 違う!そのゴミは明日!
  • 食材買ってきて! ...etc

 

紙に一緒に書き出して、

夫婦でイチャイチャ眺め合う・・・

そんな甘い想像は3秒で終わりました。

完全なトップダウン体制です。

 

それで我が家はいいのです笑

 

興味がある方はパートナーと話し合って

未来に向けて、お互いの得意分野を

再度考え直してみましょう。

 

きっと、いい話し合いができるはず??

依存・期待し過ぎないための2つの方法

お互いの趣味・時間を持つ

趣味を持つ男性のイメージ

自分1人でも楽しめる趣味を持つと

相手への依存度が下がります。

 

例えば、嫁は料理が好きで、

僕はパソコンが好きです。ですので、

お互いが自分のことに黙々と集中して、

会話が無くても全然苦痛になりません。

 

お互い好きなことに集中できるので、ありがたいです。

趣味を持っているあなたは、適度な距離感を保ちながら

趣味に没頭しましょう!

 

注意点に関しては別記事にまとめています。

趣味が無い!というあなたも大丈夫

カップルが仲良くリラックスするイメージ

もし、あなたが共通の趣味がなければ、

相手が気にしていることを違った側面から

アプローチすることをオススメしています。

 

例えば、妊娠中の嫁がヨガを自宅でやっていた際、

僕も一緒にヨガをやったりしました。

 

すると、僕も健康に興味が湧き、

今では筋トレが趣味になってしまったほどです。

 

  • 本当に趣味が無いです!
  • どうしましょう!

というあなたは、以下記事に解決方法を記載しています。

まとめ

以上、僕の理想の夫婦像をお伝えしました。

 

理想像は家庭によって異なるので、

  • いつも一緒にいるべきだ!
  • ずっと一緒にいたい!

そんな理想像もあると思います。

 

大切なのは、奥様と旦那様が

目指すべき理想の夫婦像を

共有できているか否かです。

 

僕は結婚する前から、嫁に対して、

  • 僕は尊敬できる女性が好きなんです。
  • 僕は強い女性に憧れます。

と僕が死んでも1人で生きていけるぐらい、

真の強い女性と結婚したいと伝えていました。

 

あなたは理想の夫婦像を

夫婦間で共有していますか?

 

もししていなければ、これを機会に

話し合うのもいいかもしれませんね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

おまけ:漫画家 さわぐち けいすけさんに対するTwitterの反応

「各自が1人でも生きていける、でも一緒がいいな」全く同じことを思っていて、えめっっちゃわかるぅ〜と思わず声が出ました。
うちも結婚10年ですが、こんな感じです!!それが当たり前だと思っていたら、当たり前のことが出来ない人がたくさんいるみたいですね!
これは完全同意です。互いに依存しない関係こそ、理想の夫婦関係。なにせ、『元他人』なのだから。書類一枚で、他人に戻ることができる関係。それに、どっちにしろ、どっちかが先に死ぬんだから。ひとりになるんです。依存しないためにも、いい意味で「期待しない」ことが大切。
本当に理想!私たち夫婦もそれなりに出来てるなあ。自分の出来ない不得意なことはお願いしてできることは率先してやる。だから今も仲良しだし大好気でいられるんだよなって思う!
いつも読む度に心が優しく暖かくなります。単行本も2冊とも買いました。他にも仰られて居る方が居ますが、とある某広告の「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、それでも貴方と結婚したいのです」のキャッチコピーに通じるものがありますね。さわぐちさんの漫画大好きです。ありがとうございます!!

 

漫画家のさわぐちけいすけさんが書かれている本です。興味があれば、ご覧ください。

関連広告

Twitterでフォローしよう